~日本人の国民病~歯周病~

~日本人の国民病~歯周病~
★日本人が歯を失う原因とは?
日本人が歯を失う2大原因はむし歯と歯周病です。そのうち歯周病は、今や日本人の国民病になっています。日本人の一人あたりの平均現存歯数は、20代で29本、30代で28本、40台で27本と少しずつ減ってくるのですが、50代になると24本、60代で18本、70代では12本と、40代を境に急速に失われていきます。20代から30代で歯を失う原因の大部分は虫歯ですが、40代以降の原因のほとんどは歯周病です。このように歯周病は中高年以降の人が圧倒的に多く、軽度のものも含めると、成人の約90%近くが歯周病にかかっていると言われているほどです。
★歯周病とはどんな病気?
歯周病とは、歯ぐきに起きる化膿性の炎症です。口が臭くなったり、歯を支えている歯槽骨がやせ、歯が支えを失ってぐらぐらになり、最終的には抜けてしまいます。痛みもなくじわじわと進行していくので、サイレント・ディジーズ(静かなる病気)とも呼ばれています。
★歯周病の原因と症状
歯周病の一番の原因は歯の汚れ(プラーク)です。プラークの中にいる細菌が、歯と歯茎の隙間に溜まると、繁殖して歯周病を引き起こすのです。
症状は、1、歯を磨くと血が出る。2、時々歯肉が腫れる。3、口臭が出る。4、歯が長くなったように感じる(歯肉が後退したように感じる。)5、歯と歯の隙間ができて食べ物が挟まりやすくなる。6、歯がぐらぐらと動くようになりよく噛めなくなる。7、歯が抜ける。という順番で進行します。
★歯周病を予防しよう
下記のような症状がある人は歯周病の可能性があります。至急歯科検診を受診してくださいね。
歯周病チェック
□ 朝起きた時、口の中がネバネバする。
□ ブラッシング時に出血する。
□ 口臭がする。親しい人に口臭を指摘される。
□ 歯肉がむずがゆく、浮いているような感覚がある。
□ 歯肉が赤や赤紫色に腫れている。(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
□ かたい物が噛みにくい。
□ 歯が長くなったような気がする。
□ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。
歯周病の予防には、歯磨きなどのセルフコントロールはもちろん大切ですが、歯科医院のプロのメンテナンスがとても重要です。3か月に1度は歯科検診を受け、歯石除去やPMTC(プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)などの処置を受けて定期的にメンテナンスしましょう。
  しぶかわ歯科