マウスピースでのいびきの治療

マウスピースでのいびきの治療

加齢やストレスや肥満など色々な原因が考えられます

いびきの原因とは? >>

ほとんどは睡眠時に下顎が下がり舌根が気道を狭めるからではないか?という説があります。
上記の『いびきの原因について』の、ページで述べられている『加齢やストレス・肥満』などはこの考えでは当てはまらないです。
下顎が下がってしまうなら、下がらないようにしよう!ということで、マウスガードを使って、下顎を下がらないようにして、さらに下顎を少し出すことにより気道を広くさせます。それによりいびきが改善されるという仕組みです。
しかしこれは、重度の症状の方は改善されないようです。
もしかするとこの『マウスピース』についての治療方法で、考え方が違う先生もいるかもしれません。その点はご注意下さい。

マウスピースの値段

マウスピースの値段は、歯科医院によって様々、つまりピンきりなのですが、『睡眠時無呼吸症候群』であると病院で診断された場合は、マウスピースを作るのに保険が適用されます。
その場合は料金が約1~2万で済みますが、保険適用ではない場合は5~8万ほどかかるようです。
市販で売っているマウスガードは約5000円、かなり安いものだと1000円以下だったりするようです。まあ、これで改善されるのか、解りませんが、市販のもので改善されるようであればかなり安く済みますね。
マウスピースは入れ歯の人(歯が抜けてない人)や顎関節症の方などは向かないようです。

ちなみに、マウスピースというのはスポーツ用のマウスピースもあります。歯科医院によっては上顎だけで、3ミリくらいのシートが圧接された物もマウスピースと言います。