注意したい幼児の虫歯

注意したい幼児の虫歯

お子様の虫歯、気になりますよね。

乳歯は

上 EDCBA|ABCDE
下 EDCBA|ABCDE

という順番に並んでおりA~Eの名称で表されます。

平均的には生後5カ月ごろから下のAが生え始め、3歳ごろまでにEまで全てが生えそろいます。

この中で、特に虫歯になりやすいのは

「DE間」です。
ここは、歯と歯の間の間隔が狭く、一番虫歯になりやすいところになります。
特に、上のDE間は、仕上げ磨きの際にも見えにくいので注意が必要です。

次に虫歯になりやすいのが

「上AA間」です。
一番見えやすいところなのですが、意外とここが虫歯になりやすいです。
特にAA間がピタッとくっついていて隙間がない、AAが少し内側にねじれた角度で生えている場合は特に注意が必要です。

幼児の虫歯は、進行が早く、治療を嫌がることも多いので重症化しやすくなってしまいます。

「DE間」「上AA間」

特に注意して仕上げ磨きするようにしてみてください。
(面倒ですが、フロスの使用が予防効果が高いです)

しぶかわ歯科クリニックでは仕上げ磨きの仕方などもご相談にのりますので、気になる方はスタッフまでお声かけください。