『歯磨きって本当に必要?』

『歯磨きって本当に必要?』
小さなお子様は、歯磨きが苦手で、時には「どうしてハミガキは必要なの?」と、聞かれてしまうこともあるかもしれません。
そこで改めて歯磨きの効果をご紹介します。

①歯を磨くことにより、虫歯菌のエサとなる糖や、歯垢(プラーク)を落とし、虫歯、歯周病を予防できます。
②歯周病の原因である歯石がの付着をなるべく抑えることができます。
③歯ぐきの血行を良くし、感染症に対する抵抗力を高めることにもつながる。

つまり、歯磨きをすることはお口の健康を守ることにつながるのです。
歯磨きのもっとも大事な役割は、虫歯やトラブルのもとになる歯垢(プラーク)を取り除くこと。
歯を磨くことで、軽い歯肉炎も短期間で治せる程の効果もあります。
日ごろのお口の管理できれば、健康な歯と歯ぐきが維持できるのです。
いつまでも健康な歯を保つためにも、毎日歯を磨きましょう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『歯に良くない!食べ物ランキングトップ3!』

1位 ドライフルーツ
ドライフルーツは大変健康に良い栄養価が高い食品です。その反面、粘着性があり、歯にくっつきやすい。
また糖分をたっぷり含んでいてとても甘い!
食べてそのままにしていると、お口の中の菌は糖をエサに増殖します。

2位 砂糖を多く含んだ飲み物
ソーダ、スポーツドリンクといった清涼飲料水など、糖分を多く含む飲み物は要注意!
普通、飲み物は少しずつ飲んで消費していくものですが、実はこれ、歯にとって悪影響となるのです。
甘い飲み物を時間をかけて飲めば飲むほど、お口の中に虫歯菌のエサとなる糖分が存在し続けることになります。甘い飲み物は早めに飲みきってしまう方が◎。

3位 キャンディー、キャラメルなど
キャンディー、キャラメルなどの食べ物もソーダやスポーツドリンクと同じ理由で注意が必要です。

他にも4位アルコール、5位ミカンやレモンなど酸っぱい食品、6位スナック菓子、7位コーヒーなどがあります。

食べ物は体を作る元気の素!食べた時には、しっかりお口のケアを行い、健康を守りましょう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『おしゃぶりと歯並び』

『おしゃぶりと歯並び』
おしゃぶりは2歳半には卒業が目安とされています。
おしゃぶりは育児にとても便利な道具ですが、長時間・長期間使うと歯並びに悪影響を及ぼすという事例があります。
小児科医・小児歯科医の保険検討委員会では、「遅くとも乳歯が生えそろう2歳半までにやめた方が良い」とする見解を公表しています。
主な理由に、「歯のかみ合わせが悪くなる」、「親の言葉かけや本人が言葉を発する機会が減る」などがあるそうです。
おしゃぶりを使う頻度や使う時間によって、子供の歯への影響も異なってきます。
その為、授乳期~離乳食期にかけては、「吸う」から「噛む」に移行させ、上手な噛み分けを覚えるために口唇や舌等への刺激が必要です。
かといって、おしゃぶりを使うと即座に歯並びが悪くなるわけではありませんので、日頃から定期的に歯科で歯と口の チェックを受けながら上手に使うと良いでしょう。

『日本初の歯医者さん』

『日本初の歯医者さん』
日本で初めての歯科医師は “小幡英之助”(おばたえいのすけ) という人物です。

小幡英之助氏は現在の大分県中津市、豊前中津の藩士に生まれ、明治2年(20歳)に上京しました。
叔父・小幡篤次郎を頼って芝新銭座の慶應義塾に入り、さらに同郷出身の医師に師事し医学を修め、次いで横浜で外科を習得します。
その後、来日していたアメリカ人の歯科医師セント・ジョージ・エリオット氏と出会い、西洋式の最新歯科技術と医学を学びます。

明治の黎明期、日本は欧米の様々な制度を盛んに取リ入れていました。明治7年には医師が新規開業するための『医制』という制度が発布されましたが、当時は 医制に「歯科」 の項目はなく、開業もできませんでした。
そこで小幡氏は、「自分は西洋の歯科技術を身につけたのだから、医師ではなく、歯科医師だ。歯科試験受けたい」と申請し、日本初の歯科医術試験を受け見事合格しました。明治8年、小幡氏は晴れて、歯科医術開業免許を取得、日本で初めての歯科医師となったのです。
正確には、医籍に登録されていた為、日本で最初に歯科を専攻した医師ではありますが、この時代に真っ直ぐに歯学を志した小幡氏は、「日本初の歯医者さん」と認められているそうです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『親知らずは必ず生える?』
親知らずは、誰しもが必ず生えるわけではありません。
日本人の成人で、親知らずが上下4本全て生えている人は、およそ半分くらいだそうです。
しかし古代では、ほとんどの人に「上下4本の親知らずを含んだ32本の永久歯が生えていた」と考えられています。
それは、古代人の食生活からの推測でもあり、古代人の調理の方法は現代のように多くなく、硬い食べ物が多く、あごの力を必要とされていたことも、そのように考えられる要因と思われていたようです。

古代人も次第に火を使って調理をするようになり、食事が柔らかいものになっていった為、あごは徐々に小さく変化していき、上下32本の歯があごにおさまらなくなり、ついには生えなくなったと考えられています。

現代人の永久歯の数が減る傾向の元には、食生活の変化とともにあごが小さく進化してきたということなのかも知れません。
生え方によっては抜歯の必要がない親知らずもありますが、横向きに生えてきたりするものもあります。
磨き残しなども心配な箇所ですから、生えている方は歯医者さんに相談してみてくださいね。

『むし歯菌の名前って実はかっこいい?』

『むし歯菌の名前って実はかっこいい?』
むし歯は、歯の表面が細菌のつくる酸に溶かされることで起こると言われています。
そのむし歯の原因となる細菌の中でも、とくに有名なのは「ミュータンス菌」です。
正式名称を「ストレプトコッカス・ミュータンス」といいます。なんだかカッコ良くも聞こえる名前です。
このミュータンス菌は、砂糖が大好物!!砂糖を取り込み、ネバネバを作り出し、歯にこびりついてきます。

そしてもうひとつ、注目されているむし歯菌があります。
乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)といって、正式名称は「ラクトバチルス菌」。
この菌自体は、歯にくっつくということはないのですが、すでにむし歯があったり、歯と詰め物の間に隙間があったりすると、そこに居着いて、悪化させてしまうのです。

むし歯菌は悪者のようですが、ミュータンス菌もラクトバチルス菌も、それ自体だけでむし歯になるわけではありません。きちんとお口のケアをしていれば、彼らも悪玉にならなくてすむわけです。
むし歯にならないよう日々のケアはしっかりと行いましょう!

『だ液の力!』

だ液には消化酵素が含まれています。この消化酵素で、かみ砕いた食べ物を消化しやすくしていることは、ご存じの方も多いと思いますが、だ液には他にも様々な能力があります。

・口の粘膜を守る
口の中はぬるぬるしていますね。これはムチンという物質の働きで、ムチンは食べ物を滑らかにしたり、ねばり気を出すことで、口の中の粘膜や舌が傷つかないようにする働きを持っています。

・若さを保ち、老化を防ぐ
骨や筋肉などを丈夫にして老化を防いでくれる、パロチンという物質。これは、だ液腺ホルモンと呼ばれ耳下腺から分泌されます。血色のいい顔や、肌の張りなど、若さを保つのに大切な働きをしているのです。

食事のときはよく噛んで、だ液をたくさん出し、味を楽しむとともに消化を助けましょう。
そして、美味しく食べた後は、きれいに歯を磨きましょう!

『虫歯は伝染する?』

風邪が伝染することは広く知られていることですが、実は虫歯も伝染するのです。
元々、生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません。
主な感染経路は、赤ちゃんをあやす大人との“スキンシップ”です。

口や頬へのキス、家族で箸やスプーンの共有、歯ブラシの共有、食べ物の口移し、熱い食べ物をフーフーと冷ます、などが感染経路と言われています。
一般的には、特に生後1歳半から3歳までは極力上記にあげた“スキンシップ”を避けることが望ましいです。
これらが実行できれば、口腔内の細菌勢力図、つまり、無害な菌の方が多くなるか、虫歯の原因となる悪い菌の方が多くなるかが決まってくるので、虫歯菌が感染する確率を
このような誰もが経験するスキンシップで、虫歯は感染してしまう為、ゼロにすることは難しいことですね
格段に減らすことができます。
大切なお子さんの歯の健康だからこそ、小さいうちからしっかりと守ってあげたいですね!

『化石になっても歯は語る』

恐竜などの化石となった歯を調べることにより、その恐竜の新事実を知ることができます。
例えば、歯並びや歯の形などから、“この恐竜は草食性だった”、“肉食性であった”など、基本的な食生活は、現代の考古学では比較的簡単にわかるそうです。

また、歯の“減り具合”の状態をチェックすることで、鳥の祖先と位置付けられている始祖鳥の食生活は、主に昆虫や海岸に打ち上げられた動物の遺骸が中心だったと推定されています。
肉食性恐竜の“歯の減り具合”でも歯ぎしりをしていたことが判明しているそうです。あの狂暴な肉食性恐竜“ティラノサウルス”は、体に似つかわしくない極端に小さな前肢で、なんと歯の掃除をしていたらしいです。

人間の化石でも残された歯の状態から生活様式や生態の観察が分かっています。
ピラミッドなどに眠る古代エジプト人のミイラの歯は、極端に磨耗していたそうで、その原因には彼等が普段主食としていたパンに、多くの砂の粒が含まれていたことが明らかになっています。
“人の歯に歴史あり”ですね。

『歯みがきのコツ』

『歯みがきのコツ』
毎日行っている“歯みがき”ですが、よかれと思ってやっているケアが、実は歯にダメージを与えていることもあるそうです。
食べた後は磨く!これは常識ですが、食後、磨くタイミングに気をつけなければなりません。

食後、私たちの口の中は酸性になります。歯の表面はエナメル質で出来ている為、口の中が酸性になると、エナメル質がもろい状態になり、このまま磨くとエナメル質がダメージを受けるリスクが高くなってしまいます。
食べたらすぐに磨くのではなく、食後15~30分程度置いてからがベスト。唾液の働きで口の中が中和され、“再石灰化”という作用によりエナメル質が再び硬くなるので、ダメージが緩和されます。

では、歯ブラシに歯みがき粉をつけるタイミングはどうでしょうか?
多くの人が、歯ブラシを濡らしてから歯みがき粉をつけていると思います。
濡らしてから歯みがき粉をつけて磨くと、ハミガキ粉が素早く泡立ちます。この泡によって、短時間でも磨いた気分になってしまい、汚れや細菌が落ちていない場合があるのです。
乾いたブラシに歯磨き粉をつけて磨くことが、効果的に磨くコツなんです。
いつもと違う“歯みがき”を試してみてはいかがでしょうか?

Webマガジン 2017年2月15日号 幼児期の口呼吸

  • お口ポカンの子ども最近、口呼吸の子どもが増えているといわれています。「吸って、はいて」をくり返す呼吸は、私たちにとってごく自然な生活の一部であるため、多くの人は呼吸のしかたやしくみについて意識することなどないかもしれません。

    でも、口呼吸には全身の健康にも悪影響を及ぼすさまざまな弊害が潜んでいることをご存知でしょうか。
    とくに乳幼児期から口呼吸が習慣化してしまうと、顔の骨格の発育にも影響してしまいます。
    (続きを読む…)

『色々な歯の話』

『色々な歯の話』
私たち人間の歯は、雑食動物の特徴である前歯が食べ物を噛み切る働きをし、奥歯(臼歯)は食べ物をすりつぶすという働きを持っています。
動物の歯の形状は、普段何を食べて生きているか、これによって異なってきます。

例えば、ライオンのような肉食動物は、肉を噛みちぎるために全ての歯が鋭くとがっています。非常に発達した犬歯は武器としての役割も果たします。
反対に、草食動物の歯は、草や葉、果実をすりつぶして食べる事に適した形になっています。臼歯は平たく、犬歯はあまり発達していません。
ウサギやネズミの歯は、大工さんたちが使うノミのようになっていて、かたい物を食べるのに適しています。

また、自然界に生きている動物たちは虫歯になることはほとんどないそうなのですが、ペットや動物園の動物たちはお菓子をもらうこともあるので、虫歯になることもあるのです。

人間にも動物にも、甘いお菓子は虫歯の元!せっかくの歯が台無しになってしまいます。
食べ物を与える際は、動物の歯にも気を配ってあげましょう!