Webマガジン 2015年9/1号  痛風

  • 激痛「風が触れても痛い」と表現されるほどの激痛が襲ってくることからついた病名、『痛風』
    かつて日本を訪れた宣教師や外国人医師などによって、明治初期までは「日本にはない病気」として記録されていました。

    明治以降に日本人も患う病として出現した痛風は、1960年代の高度経済成長期になって急速に増え始め、現在、日本での患者数は約87万人と推定され、その予備軍は500万人ともいわれています。
    (続きを読む…)