「健康通信」1

「健康通信」がスタートいたしました。

お口の中と全身の健康などについて
毎週情報提供していきますね。
どうぞよろしくお願いします。

先日、うちのスタッフたちと
「歯がキレイで
ちゃんとしていると
どんな良いことがあるのか?」

というテーマで話しをしました。

若いスタッフたちは
想像力が乏しいかも・・・
と思ったのもつかのま、

具体的で驚くような楽しい意見が
たくさん出てきて、

私たちのほうこそ、
患者さん、皆様の歯を
きれいでよくかめる状態で
長持ちさせたい!
と、
診療に対して
ヤル気をあらたにしたのでした。

若い女性、若い男性、

働き盛りの女性、男性、

年配の女性、男性

にわけて、

「歯がきれいで
ちゃんとかめると
どんな良いことがあるのか?」
あげてみました。

参考にしてみてくださいね!

まずは、「若い男女編」からです!

1,友達同士で写真をきれいにとれる。

2,笑顔がステキになることで、
自分に自信がつく。

3,最近ではネット上で
Facebook、LINEなどを使うことが多いが、

そこに掲載する写真が好印象で、
自分のイメージがぐんと良くなる。

4,合コンなどでモテる。

5,ゴハンを美味しく食べられる!

6,写真を後でみて
自分のモチベーションがあがる。

7,笑顔がすごくきれいなことで、
面接、就職で好印象。

8,結婚式で白い衣装に
白いきれいな歯がはえる。

9,人に見られる機会に良いため、
出会いの質も上がる。

なるほど~、と感じることも多いですよね!

特に、若い方々は
インターネットを積極的に活用する上で、写真が自分のイメージになりますから、

そういった意味で、
歯がキレイだと写真のイメージが
ぐんと良くなり、

すなわち、
自分自身の印象がアップする、
自信が持てる、
出会いの質も上がる、
というわけですね。

若い頃からぜひとも歯を大切に、
きれいに
しっかりかめる状態で保ち続けていただきたい、と感じました。

ひきつづき、お口の中や
全身の健康や
生活習慣についての情報を
どんどん
発信していきたいと思っています!

歯でしっかりかんで健康に生きること、
大切にしていきたいものですね!

気になることがある方は、
お気軽にご相談くださいね。

そしてスタッフ全員で、
地元の皆様の美と健康作りをサポートしていきます!

これからも
どうぞよろしくお願い申し上げます。

~日本人の国民病~歯周病~

~日本人の国民病~歯周病~
★日本人が歯を失う原因とは?
日本人が歯を失う2大原因はむし歯と歯周病です。そのうち歯周病は、今や日本人の国民病になっています。日本人の一人あたりの平均現存歯数は、20代で29本、30代で28本、40台で27本と少しずつ減ってくるのですが、50代になると24本、60代で18本、70代では12本と、40代を境に急速に失われていきます。20代から30代で歯を失う原因の大部分は虫歯ですが、40代以降の原因のほとんどは歯周病です。このように歯周病は中高年以降の人が圧倒的に多く、軽度のものも含めると、成人の約90%近くが歯周病にかかっていると言われているほどです。
★歯周病とはどんな病気?
歯周病とは、歯ぐきに起きる化膿性の炎症です。口が臭くなったり、歯を支えている歯槽骨がやせ、歯が支えを失ってぐらぐらになり、最終的には抜けてしまいます。痛みもなくじわじわと進行していくので、サイレント・ディジーズ(静かなる病気)とも呼ばれています。
★歯周病の原因と症状
歯周病の一番の原因は歯の汚れ(プラーク)です。プラークの中にいる細菌が、歯と歯茎の隙間に溜まると、繁殖して歯周病を引き起こすのです。
症状は、1、歯を磨くと血が出る。2、時々歯肉が腫れる。3、口臭が出る。4、歯が長くなったように感じる(歯肉が後退したように感じる。)5、歯と歯の隙間ができて食べ物が挟まりやすくなる。6、歯がぐらぐらと動くようになりよく噛めなくなる。7、歯が抜ける。という順番で進行します。
★歯周病を予防しよう
下記のような症状がある人は歯周病の可能性があります。至急歯科検診を受診してくださいね。
歯周病チェック
□ 朝起きた時、口の中がネバネバする。
□ ブラッシング時に出血する。
□ 口臭がする。親しい人に口臭を指摘される。
□ 歯肉がむずがゆく、浮いているような感覚がある。
□ 歯肉が赤や赤紫色に腫れている。(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
□ かたい物が噛みにくい。
□ 歯が長くなったような気がする。
□ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。
歯周病の予防には、歯磨きなどのセルフコントロールはもちろん大切ですが、歯科医院のプロのメンテナンスがとても重要です。3か月に1度は歯科検診を受け、歯石除去やPMTC(プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)などの処置を受けて定期的にメンテナンスしましょう。
  しぶかわ歯科

本当に恐ろしい虫歯や歯周病

本当に恐ろしい虫歯や歯周病
虫歯の原因となる「ミュータンス菌」の一種に感染すると、腹痛や腸内出血などを繰り返す難病の潰瘍性大腸炎となるリスクが4倍以上になることを、大阪大や横浜市立大、浜松医科大などの研究チームが突き止めました。また、歯周病菌は糖尿病などの恐ろしい成人病の原因因子になっていることも明らかになってきました。ほかにも歯周病は、心筋梗塞、骨粗しょう症、メタボリックシンドローム、肺炎、ガン、動脈硬化、認知症など、様々な全身の病気と深くかかわっているのです。
★その汚れ、落ちていません!
お口の汚れにはプラーク(歯垢)とバイオフィルム、そして歯石があります。バイオフィルムとは、ミュータンス菌をはじめとする多くの細菌が集まって作られる膜状の塊の事で、例えば台所やお風呂の流しの排水溝にたまる「ヌルヌル汚れ」などもバイオフィルムです。歯磨きでは、歯垢は落とせてもバイオフィルムまでは完全には落とせません。洗口剤でも死滅させることはできません。しかし、定期的に落とさなければ、歯石になって、歯を溶かし虫歯や歯周病の原因になるのです。そこで必要なのが予防歯科です。
★定期検診で行う内容は?
当院では、保険で定期検診を行っています。定期検診では、歯周ポケットの深さを測り、プラークを染め出して、汚れのつき具合を見ます。
そして正しい歯磨きの仕方を覚えていただき、歯面に付着したバイオフィルムをきれいに清掃し、たまった歯石を除去していきます。むし歯や歯周病の原因になるバイ菌を定期的に除去することで、お口の健康状態を長く維持することができるのです。
★体の健康のためにもPMTCを受けよう
病気にならないためには予防が大切です。これは歯科の場合も同じ。むし歯や歯周病にならないために、また被せ物や詰め物を長持ちさせるために予防が大切です。定期的に歯科医院で予防処置を受けると、虫歯や歯周病だけでなく全身の疾患の予防にもつながります。お口と体の健康を守るために3か月から4か月に1度は定期検診を受けてくださいね。

しぶかわ歯科クリニック