歯磨き・歯ブラシQ&A

歯磨き・歯ブラシQ&A
★歯ブラシの代え時は?
1か月を目安に代えてください。毛先が開いてきていなくても、毛のコシは弱くなっています。基本的に、歯ブラシが当たっているところしか汚れは取れません。良い状態の歯ブラシで磨くこと、できるだけ歯のすみずみに歯ブラシを当てることが、歯ぐきを痛めずに歯の汚れを確実に落とすコツです。また、歯ブラシを使った後は水できれいに洗ってからよく乾かしましょう。
★歯ブラシの保管方法は?
1、 良く洗う
2、 良く水をきり、乾燥する
3、 植毛部を上にして、風通しのよい所で保管する。
お口の中を磨くものですから、ときどき熱湯消毒をすると、より衛生的です。
★歯ブラシの選びかたは?
歯ブラシを口の中で動かしやすいよう、ヘッドは小さめでネックは細くまっすぐで長い物を選びましょう。毛の硬さは、使われている毛の材質にもよりますが、「ふつう」のものを使用してください。ただし、歯ぐきが腫れている人は「軟らかめ」の歯ブラシを使用しましょう。
最近は性能が良く、軽い電動歯ブラシも沢山販売されています。歯磨きを早く済ませたい方や、うまく磨けない方にお勧めです。
★歯磨き粉の適量はどのくらい?
歯磨き粉をつけなくても歯はきれいに磨くことができます。歯磨き粉はあくまでも補助的なものと考えてください。しかし歯磨き粉の量が少なすぎるとフッ素など、配合されている成分の効果が出ません。大体1~2センチ(1~2グラム)を目安に使用しましょう。
★いつ磨くのが最も効果的ですか?
プラーク(歯垢)は時間がたつほど取れにくくなるので、毎食後磨くのが理想的です。ですが、忙しくて1日に3回も磨けないという方は多いと思います。その場合には、少なくとも朝・夜の2回は磨きましょう。また、寝ているうちは口の中が乾燥し、1日のうちで最も虫歯ができやすくなるので、夜の歯磨きは1番念入りに磨きましょう。
★プラークは歯磨きだけでとれきれるのですか?
隅々まできれいに磨いているつもりでも、歯と歯の間や、歯と歯肉の間など、どうしても取れきれていない汚れはあります。また、歯に付着した歯石は歯磨きでは落とすことはできません。
虫歯予防の為に3か月に1度はPMTCを受け、プロの手でお口を徹底的に掃除をしましょう。
しぶかわ歯科クリニック