プラークコントロール

プラークコントロール

歯の表面を爪先で引っかいてみてください。白くてネバネバしたものがついてきませんか?これは、歯垢(プラーク)と呼ばれる口の中の細菌です。

食事をしたとき、口の中には唾液の膜ができますが、歯垢は、ミュータンス菌と付着し、食物の中に含まれる糖分を栄養分にしながら増殖していきます。同時にネバネバした物質が作りだされるために、歯の表面に付着するのです。そのままにしておくと歯石になり、歯周病の原因になります。

毎日しっかり歯磨きをしていれば大丈夫なのでは?そう思われるかもしれません。歯を磨いた後、歯に歯垢染め出し剤を塗ってみてください。歯が赤く染まっていませんか?赤く染まった部分がまだ歯垢が残っている部分。普段のブラッシング+αのプラークコントロールが必要です。

歯垢が溜まりやすい場所は、歯と歯の間や歯ブラシが届きにくい奥歯などです。普段の歯ブラシの後、デンタルフロスや歯間ブラシを使い、溜まった歯垢を取り除きます。電動歯ブラシの使用、フッ素の塗布も効果的。歯を磨くときには、あまり力を入れないようにすると歯垢が落ちやすくなります。

ジュース、スポーツ飲料、アイスクリームなど糖分がたくさん含まれている物がありますので、食生活の中で糖分をコントロールすることも大切です。日ごろから気をつけましょう。