永久歯の先天的欠如

永久歯の先天的欠如

乳歯が抜けるのは、子どもから大人へと成長していくためのステップの一つです。世界各国では通過儀礼の一つとして抜けた乳歯にまつわる風習があります。欧米には、歯の妖精がいて、抜けた乳歯を枕の下に入れて眠ると、夜中にコインと交換していってくれるのだそうです。

乳歯の生え変わりは5歳ごろから始まり、下の前歯、上の前歯の順に12歳ごろには、すべての乳歯が永久歯になります。まれに12歳を過ぎても乳歯から永久歯に生え変わらないことがあります。
これは「永久歯の先天的欠如」と呼ばれています。生まれつき永久歯の数が少ないために起こる症状です。永久歯が骨の中に埋まっている「埋没歯」の場合も、同じことが起こります。これらは歯の形成異常の一つですが、病気ではありませんので、安心してください。

原因は、食生活の変化による退化現象と考えられています。歯の数が足りないため、歯と歯の間に隙間ができ、歯並びや歯の噛み合わせが悪くなります。虫歯や歯周病の原因になることもありますので適切な処置が必要です。また見た目にも影響してきますので、コンプレックスの原因となる場合もあります。

一般的な治療方法は下記のとおりですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
・歯列矯正 健康な歯を削る必要がなく多くの歯科医がすすめる方法。
・ブリッジ 発育期には不向きで、健康な歯を削るデメリットある。
・入れ歯 子どもには手入れが難しく、他の歯の虫歯や歯周病になることもある。
・インプラント 発育期には行えない。
歯科医で充分なカウンセリングを受けた上で、適切な処置を行ってください。

インプラント

「インプラント治療」という言葉をよく耳にするようになりました。これは、虫歯や歯周病で無くなった歯の根の部分に、人工の歯根(インプラント)を埋め込んで噛み合わせを回復させる治療法です。
従来、歯を失った場合には、なくなった歯の両隣に歯をかぶせる「ブリッジ」を行ったり、「入れ歯」を作って対応したりしていました。ところがブリッジは削った歯の寿命が短くなりますし、入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり動いたりして、人によっては必ずしも快適な使用感が得られませんでした。
そこで二十年ほど前からインプラント治療が行われるようになったのです。
顎の骨に埋め込まれたインプラントは、平均2~3ヵ月の治療期間を経て骨にしっかり結合します。
その後、咬み合わせをしっかりとって人工歯を取り付ければ治療は終了です。終了といってもお手入れがしっかり出来ていないと、天然歯と同様に歯槽膿漏のような状態になり、インプラント周囲の骨がやせてグラグラしてしまいます。  
インプラントを長持ちさせるためには、毎日のきちんとしたお手入れと定期検診が欠かせません。こう見ると、インプラント治療は非常に優れた治療法だと感じますが、症例数を多く経験した歯科医師によく相談され、しっかりとしたメンテナンスも考えて決断されることをお奨めします。