親知らず

親知らず

オーストラリア原住民の成人は、親知らずを含め32本の歯があるといわれています。それに対し、日本人の成人の歯は健康な状態で28本。これは日本人に比べ、オーストラリア原住民の顎の骨格が、しっかりしているからだといいます。
親知らず(第三大臼歯)は、10代後半~20代後半に生えてきます。一番奥の歯(第二臼歯)の後から生えてくる歯。一般的には、「使わない歯」と言われ、人によっては生えてこなかったり、生まれつき親知らずがない人もいるようです。
親知らずが原因によるトラブルには、虫歯や歯茎の腫れがあります。これは、一番奥まで歯ブラシが届かず、丁寧なブラッシングが難しいからです。また、顎が小さい人の場合は、狭い場所から無理に生えてくるため、他の歯を圧迫します。そのため、歯並びや噛み合わせを悪くする原因にもなっています。ときに、抜歯も必要になります。
抜歯後に起こるトラブルで最も多いのが、歯槽痛(ドライソケット)と呼ばれる症状です。通常、時間の経過とともに痛みは治まってきますが、まれに、抜歯数日後から傷口が痛み始めます。この場合は、抗生物質や消炎鎮痛剤の投与が行われます。
痛みや虫歯がなく、歯茎の腫れがない。このような場合は、抜歯せずそのままの状態でも問題ありません。特に、手前の歯の治療を受ける際、ブリッジの土台として利用したり、入れ歯を安定させるために利用することもできます。歯科技術の発達により、抜歯した親知らずを冷凍保存し、手前の歯に移植できるようになりました。ただし、状態によっては移植が難しい場合がありますので、歯科医との充分な検討が必要です。
親知らずは腫れるたびに、歯の周辺の骨を溶かしていきます。腫れや痛みがひいたからと安心せず、適切な治療を受けることが大切です。