糖尿病は歯周病を悪化させる

糖尿病の人は風邪などの感染症にかかりやすくなっています。そして歯周病菌にも感染しやすく、なんと歯周病にもなりやすくなっています。

糖尿病は歯周病を悪化させる

細菌やウイルスなどに感染したとき、健康な状態ならすぐに白血球が飛んできて免疫反応が起こり、それらの侵入を防いで感染を抑えることができます。しかし糖尿病になると、細菌やウイルスの感染に弱くなります。

糖尿病になって高血糖な状態が続いていくと、末梢の細い血管はダメージを受けていきます。血管が傷つくために血液の流れは悪くなり、酸素や栄養素などもうまく行き渡らなくなってしまいます。そして免疫力も落ちます。

歯肉でも同じことが起きていて、血行が悪くなることで歯肉には栄養などがきちんと行き渡らなくなります。そして感染しても血行が悪いために白血球がなかなか飛んで来られず、歯周病菌の侵入を防ぐことができなくなります。このように血糖値が高いと、免疫機能は低下して歯周病菌に負けてしまうのです。

また高血糖になると口の中は乾燥しやすくなります。唾液がたくさんあれば、歯周病菌が悪さをしようとしても唾液によって洗い流すことができます。しかし口の中が乾燥していると歯周病菌を洗い流すことができず、歯周病が発症しやすく、また悪化もしやすい環境になってしまうのです。

歯周病は糖尿病を悪化させる

逆に歯周病にも、糖尿病を悪化させてしまう原因があるようです。

歯周病になって炎症がひどくなると、サイトカインと呼ばれる、細胞間の情報伝達に関係する物質が増えてきます。このサイトカインがインスリンの働きを妨げてしまうようなのです。

インスリンの働きが妨げられることで、インスリンの効きが悪くなります。血糖値を通常のように下げることができなくなり、血糖コントロールが悪くなることで糖尿病が悪化してしまうのです。

このように、糖尿病と歯周病はお互いに悪影響を与え合っているようなのです。

互いに影響しあう、糖尿病と歯周病

糖尿病患者は健康な人よりも歯周病にかかっている割合が高く、しかも重症化していることも多いようです。逆に歯周病患者は、健康な人よりも糖尿病にかかっている割合が高いこともわかっています。

どちらが原因なのかはわかりませんが、この二つの病気の関係性は予防や治療のうえでも大切でしょう。

糖尿病で、今のところ歯周病にはかかっていないという人は、まず歯磨きをきちんとして口腔内を清潔に保つようにしてくだい。そして定期的に歯科検診も受けるようにしましょう。

また歯ブラシを使って自分で行うブラッシングだけでは、どんなに丁寧にやっても歯垢は除去しきれません。定期的にプロの手で、口の中のクリーニングもしてもらったほうがよいでしょう。

そして、糖尿病ですでに歯周病にもかかってしまっているという人は、糖尿病治療だけでなく歯周病治療も並行して行っていくようにしてください。歯周病にかかっている2型糖尿病患者が歯周病治療を行うと、糖尿病の指標であるヘモグロビンA1cが改善するかもしれない可能性があるのです。

歯周病治療によって糖尿病が改善するかどうかについて、まだはっきりとした調査結果が出ているわけではありません。1型糖尿病患者については歯周病治療をしてもあまり血糖コントロールに変化がなかったようです。

しかし2型糖尿病患者については、歯周病治療によってインスリンの効きを悪くさせてしまうサイトカインの量が減ったという報告もあります。はっきりした調査結果はないものの、血糖コントロールに良い影響を与えられるのではないかともされています。

糖尿病によってこれ以上に歯周病を悪化させてしまわないためにも、ケアをきちんと続けて口の中は常に清潔にしておくことが大切でしょう。

★歯に必要なのはカルシウム?

★歯に必要なのはカルシウム?
カルシウムだけを摂取しても歯は丈夫にはなりません。丈夫な歯を作る一番のポイントは、「偏食をしない事」です。栄養素にはそれぞれの働きや役割があります。必要な栄養素をバランスよく摂取するよう心がけましょう!
歯を強くする栄養素
〇タンパク質歯の土台を作る。カルシウムの吸収をよくする。肉類・魚介類・卵類・大豆及び大豆製品・牛乳及び乳製品 〇ビタミンAエナメル質を作るレバー・うなぎ・バター・緑黄色野菜など 〇ビタミンC象牙質をつくる。カルシウムの吸収をよくする。健康な歯茎を形成するのに役立つ。果物(特にかんきつ類)・野菜・イモなど
〇ビタミンDカルシウムの利用を高める。魚介類・卵類・きのこ類など 〇カルシウム歯の原料となる。牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆及び大豆製品など 〇マグネシウムカルシウムの吸収を助ける。魚介類、海藻類、納豆、玄米、ココアなど
★食物繊維を食べよう!
だ液には、歯の表面や歯間に付着したプラークや食べ物を洗い流す自浄作用という働きがあり、この働きにより口腔内を清潔に保っています。だ液を沢山分泌するためには、良く噛んで食べるのがポイントです。食物繊維の多い食べ物は、噛む回数が自然と増えます。さらによく噛むことであごの骨を丈夫にし、歯をますます丈夫にしてくれるのです!また、食べ過ぎを防ぐこともでき、ダイエット効果も期待できます!
★食べ物が歯に挟まる
食物繊維を食べようといっても、食べ物を食べたとき歯に物が挟まってしまうという方はいらっしゃいませんか?歯と歯の間に物が挟まり易い場合は、1、歯と歯の間に虫歯がある 2、歯と歯の間に隙間がある 3、歯と歯の間に段差がある などの可能性があります。放置すると、虫歯が進行してしまったり、歯周病になりやすくなったりします。食事がおいしく食べられるのは、健康な歯があってこそです。歯に物が挟まる場合には、是非当院にてご相談ください