『化石になっても歯は語る』

『化石になっても歯は語る』
恐竜などの化石となった歯を調べることにより、その恐竜の新事実を知ることができます。
例えば、歯並びや歯の形などから、“この恐竜は草食性だった”、“肉食性であった”など、基本的な食生活は、現代の考古学では比較的簡単にわかるそうです。

また、歯の“減り具合”の状態をチェックすることで、鳥の祖先と位置付けられている始祖鳥の食生活は、主に昆虫や海岸に打ち上げられた動物の遺骸が中心だったと推定されています。
肉食性恐竜の“歯の減り具合”でも歯ぎしりをしていたことが判明しているそうです。あの狂暴な肉食性恐竜“ティラノサウルス”は、体に似つかわしくない極端に小さな前肢で、なんと歯の掃除をしていたらしいです。

人間の化石でも残された歯の状態から生活様式や生態の観察が分かっています。
ピラミッドなどに眠る古代エジプト人のミイラの歯は、極端に磨耗していたそうで、その原因には彼等が普段主食としていたパンに、多くの砂の粒が含まれていたことが明らかになっています。
“人の歯に歴史あり”ですね。