『親知らずは必ず生える?』

『親知らずは必ず生える?』
親知らずは、誰しもが必ず生えるわけではありません。
日本人の成人で、親知らずが上下4本全て生えている人は、およそ半分くらいだそうです。
しかし古代では、ほとんどの人に「上下4本の親知らずを含んだ32本の永久歯が生えていた」と考えられています。
それは、古代人の食生活からの推測でもあり、古代人の調理の方法は現代のように多くなく、硬い食べ物が多く、あごの力を必要とされていたことも、そのように考えられる要因と思われていたようです。

古代人も次第に火を使って調理をするようになり、食事が柔らかいものになっていった為、あごは徐々に小さく変化していき、上下32本の歯があごにおさまらなくなり、ついには生えなくなったと考えられています。

現代人の永久歯の数が減る傾向の元には、食生活の変化とともにあごが小さく進化してきたということなのかも知れません。
生え方によっては抜歯の必要がない親知らずもありますが、横向きに生えてきたりするものもあります。
磨き残しなども心配な箇所ですから、生えている方は歯医者さんに相談してみてくださいね。