矯正で歯が動くメカニズム

矯正で歯が動くメカニズム
★なぜ矯正で歯が動くの?
顎の骨にしっかりと埋まっている歯が動くのって不思議だと思いませんか?矯正治療でなぜ動かすことができるのでしょうか?今回はそんな、矯正により歯が動くメカニズムをご説明します。
★骨吸収と骨形成
まず歯列矯正について説明するには、骨吸収(こつきゅうしゅう)と骨形成(こつけいせい)という体の働きを説明する必要があります。骨吸収とは破骨細胞(はこつさいぼう)という細胞によって古い骨が分解され壊されていくことで、骨形成(こつけいせい)とは、骨芽細胞(こつがさいぼう)という細胞により、新しい骨が作られることです。人間の骨は絶えず骨吸収と骨形成を繰り返しており、人間の場合、約5年で全身の骨が入れ替わると言われています。この働きを「骨の代謝機能」といいます。歯列矯正は、この「歯の代謝機能」をうまく利用し、自然の力で歯を動かすのです。
★こうして歯が動く!
歯は、歯槽骨という骨に埋まっています。歯の埋まっている部分の「歯根部」は、「歯根膜」という膜に覆われ骨とつながっています。歯列矯正は、歯にブラケットという器具を付けたり、ライナーというマウスピースをつけて歯を動かしたい方向に力をかけます。歯は100グラム程度の弱い力を長時間加えると、圧迫された方向(圧迫側)に動くのです。この時、動かしたい方向の歯根膜と歯槽骨は圧迫され、その逆側の歯根膜は引っ張られるという現象が起きます。
圧迫される側は破骨細胞によって骨が破壊されて隙間ができ、その隙間に歯が動きます。そして歯が離れる側は骨芽細胞によって新しい骨がつくられるのです。
こうして歯が動くスピードは1か月につき大体0.5ミリ~1ミリ程度。しかし矯正のため歯を動かす距離は平均して4ミリ程度なので矯正には時間がかかるのです。
★自然の力を利用しているから安心
矯正は、整形手術のように外科的な処置で歯を動かすのではなく、あくまでも自分の体がもっている「骨の代謝機能」を利用するので、歯や体に負担をかけずに歯を動かすことができるのです。また、矯正は成人になってからでは遅いと思われがちですが、このような自然な力を利用するので誰でも治療することができます。矯正をお考えの方は、ぜひ一度ご相談くださいね。

セルフケアを見直そう

セルフケアを見直そう
大切な歯と永く付き合うために、日ごろからのセルフケアを見直しましょう。
★きちんと磨けていますか?
一番の虫歯予防は歯磨きです。歯磨きは、朝起きてすぐに1回、そして毎食後3分以内に一日1回+3回行うのがベストです。睡眠中は唾液の分泌がとまり虫歯菌が活発化するので就寝前は念入りに。また朝起きてすぐのお口の細菌数は大便10gよりも多いのをご存じですか!すぐに歯磨きしないと、お口の細菌が朝食といっしょに体内に入ってしまい体調不良の原因になることがあります。
きちんと歯を磨いているつもりでも意外に磨けていないのが、奥歯のかみ合わせ、歯と歯ぐきの間、歯と歯の間ですので重点的に磨きましょう。また、虫歯予防にお勧めなのがキシリトールガム。一日3回、大人は2粒、子供さんは1粒を毎食後と歯磨き前に噛むと虫歯予防になります。
★液体歯磨きと洗口剤や洗口剤を使おう!
歯磨きの効果をさらに高めるため、液体歯磨き(デンタルリンス)や洗口剤(マウスウォッシュ)を使用する人が増えています。用途に合わせて使用しましょう。
液体歯磨き(デンタルリンス)
練り歯磨きの代わりに使うもので、液体なのでお口の中の隅々までいきわたる特徴があります。
歯磨きの前に使ってから歯を磨きます。洗口液ではないので歯磨き後はお水で口をすすいでください。
洗口剤(マウスウォッシュ)
歯磨きとは関係なく、お口の中をすっきりとさせるものです。歯磨きの仕上げとして使用したり、お口の中がすっきりしない時に使いましょう。使用後、お水で口をすすぐ必要はありません。
★歯間掃除用具を使おう!
歯と歯の間に隙間がある人は、デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。歯垢のほとんどを除去することができます。人によって合う道具や大きさが違いますので、必ず当院でご相談ください。
★歯科検診を受けましょう
セルフケアだけでは除去することができない歯石や、歯周ポケットにたまった歯垢は、プロの手で落としてもらいましょう。磨き残したばい菌は3か月で毒性が強くなり、歯周病を進行させて歯槽骨を溶かしたり虫歯の原因になります。そのため、必ず定期的に歯科医院でプロの手できれいにしてもらいましょう。差し歯や詰め物も長持ちし、虫歯や歯周病の進行も抑えることができます。詳しくは受付へご相談ください。

虫歯になりやすい習慣をやめよう

虫歯になりやすい習慣をやめよう
★こんな人は要注意!~虫歯になりやすい習慣チェック~
食後きちんと歯を磨いているのに、なぜか虫歯になってしまうなんていう方はいませんか?
それは、あなたの生活習慣が原因かもしれません。下記の項目に当てはまる人は注意が必要です!
~虫歯になりやすい習慣チェック~
1、1日に何回も間食をする
2、だらだらとジュースや甘いコーヒーを飲むのが好き
3、寝る前の甘いもの、お酒がやめられない
4、疲れて歯磨きをしないまま寝ちゃうことがある
★虫歯になるメカニズム
食べ物を食べると、お口の中の虫歯菌はネバネバしたプラーク(歯垢)を作り出します。虫歯菌は甘いものが大好きなので、食べかすの中の糖分を分解し、毒素や酸を作り出します。この酸が歯を溶かし虫歯をつくりだすのです。
★虫歯になりやすい習慣とは?
プラークが原因なら、毎回食事の後は歯を磨いているから大丈夫でしょ!と思いますが、実は虫歯には食事の回数も関係があるのです。
通常お口の中は中性に保たれていますが、食事をすると急激に酸性になりだっかい脱灰が始まります。(脱灰:歯の表面のエナメル質などからリン酸カルシウムの結晶が溶出する現象のこと。)その後、だ液が酸を中和して、歯の表面のエナメル質が再石灰し、元の歯の状態に戻ります。
飲食をするたびに、この脱灰と再石灰化が繰り返されるので、このバランスが保たれていれば虫歯にはなりません。しかし、一日に何回も飲食をすると、脱灰の時間が長くなり、再石灰化をする時間が無くなってしまいます。脱灰と再石灰化のバランスが崩れ脱灰が進むと、酸によって歯に穴が開き虫歯になってしまうのです。
★生活習慣から虫歯予防を!
歯磨きだけでなく、規則正しい食生活があってこそ虫歯予防になることが分かりましたね。再石灰化は唾液によって促進されるので、食事はよく噛んで食べましょう。また、就寝時には唾液の分泌量が減るので再石灰化がされにくくなります。寝る前の歯磨きは1日で1番入念にしましょう。そして、大切なのは3~4か月に一度、定期的に歯科医院で歯みがきの磨き残しの歯垢や歯石を除去してもらうことです。こうすれば虫歯や歯周病になる時期を遅らせることができ、もしものむし歯も早期発見できるのです。歯の衛生週間を機会に、定期的に歯科検診を受ける習慣を作りましょう。

喫煙と歯周病の関係

喫煙と歯周病の関係
★歯周病とは
歯周病とは、歯周組織が歯垢に含まれている歯周病菌に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したりし、最終的には歯を支える歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。日本人が歯を失う最大の原因です。喫煙習慣のある人は、歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、タバコを吸わない人に比べて約3倍も歯周病になりやすく、2倍も多く歯を失うという報告があります。歯周病の専門家の中には、喫煙をやめない限り歯周病治療が成功することはありえないと断言している人もいるほどです。
★喫煙が歯周病に与える影響
1、 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下する
2、 タバコのニコチンにより、歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が収縮してしまう。
3、 歯肉を修復するために必要な細胞の働きが抑制される。
4、 歯と歯肉の間の酸素が不足し、歯周病菌が繁殖しやすい環境を作ってしまう。
★喫煙者の歯周病の特徴
歯周病は、進行に痛みを伴わないため、「沈黙の病silent disease」と呼ばれるほど気づきにくい病気です。痛みを感じたり、歯がグラグラしたりして異常に気が付いたときには、もう取り返しのつかないところまで歯周病が進行してしまっているのです。
「歯ぐきの腫れ」や「ブラッシングの際の出血」などは、比較的自分で気づきやすい歯周病の症状です。しかし喫煙をしていると、ニコチンの強力な血管収縮作用によって歯ぐきが炎症を起こして出血が抑えられてしまいます。その結果、歯周病の症状である腫れや出血が隠され、気づかないうちに重症化してしまうのです。
★禁煙しましょう
既に喫煙習慣のある人も、禁煙をすれば歯周組織は本来備わっていた機能を回復することができます。軽い歯周病の場合は、歯科医院での歯周治療によって1年後には本来の健康な状態に回復することができます。しかし、歯槽膿漏など重い歯周病の場合は喫煙習慣があると治りにくいのです。タバコを吸う方は、歯周病の可能性が高いので是非一度歯科検診にお越しください。喫煙は、歯周病の他にもガン、糖尿病、脳卒中など、たくさんの病気と結びついています。さらに、かわいい子供たちなど周りの人々にも受動喫煙の害を及ぼします。まさに百害あって一利なし。健康な生活を送るために、これを機に禁煙しましょう。

『歯に良くない!食べ物ランキングトップ3!』

『歯に良くない!食べ物ランキングトップ3!』

1位 ドライフルーツ
ドライフルーツは大変健康に良い栄養価が高い食品です。その反面、粘着性があり、歯にくっつきやすい。
また糖分をたっぷり含んでいてとても甘い!
食べてそのままにしていると、お口の中の菌は糖をエサに増殖します。

2位 砂糖を多く含んだ飲み物
ソーダ、スポーツドリンクといった清涼飲料水など、糖分を多く含む飲み物は要注意!
普通、飲み物は少しずつ飲んで消費していくものですが、実はこれ、歯にとって悪影響となるのです。
甘い飲み物を時間をかけて飲めば飲むほど、お口の中に虫歯菌のエサとなる糖分が存在し続けることになります。甘い飲み物は早めに飲みきってしまう方が◎。

3位 キャンディー、キャラメルなど
キャンディー、キャラメルなどの食べ物もソーダやスポーツドリンクと同じ理由で注意が必要です。

他にも4位アルコール、5位ミカンやレモンなど酸っぱい食品、6位スナック菓子、7位コーヒーなどがあります。

食べ物は体を作る元気の素!食べた時には、しっかりお口のケアを行い、健康を守りましょう!

『化石になっても歯は語る』

『化石になっても歯は語る』
恐竜などの化石となった歯を調べることにより、その恐竜の新事実を知ることができます。
例えば、歯並びや歯の形などから、“この恐竜は草食性だった”、“肉食性であった”など、基本的な食生活は、現代の考古学では比較的簡単にわかるそうです。

また、歯の“減り具合”の状態をチェックすることで、鳥の祖先と位置付けられている始祖鳥の食生活は、主に昆虫や海岸に打ち上げられた動物の遺骸が中心だったと推定されています。
肉食性恐竜の“歯の減り具合”でも歯ぎしりをしていたことが判明しているそうです。あの狂暴な肉食性恐竜“ティラノサウルス”は、体に似つかわしくない極端に小さな前肢で、なんと歯の掃除をしていたらしいです。

人間の化石でも残された歯の状態から生活様式や生態の観察が分かっています。
ピラミッドなどに眠る古代エジプト人のミイラの歯は、極端に磨耗していたそうで、その原因には彼等が普段主食としていたパンに、多くの砂の粒が含まれていたことが明らかになっています。
“人の歯に歴史あり”ですね。

『虫歯は伝染する?』

『虫歯は伝染する?』
風邪が伝染することは広く知られていることですが、実は虫歯も伝染するのです。
元々、生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません。
主な感染経路は、赤ちゃんをあやす大人との“スキンシップ”です。

口や頬へのキス、家族で箸やスプーンの共有、歯ブラシの共有、食べ物の口移し、熱い食べ物をフーフーと冷ます、などが感染経路と言われています。

このような誰もが経験するスキンシップで、虫歯は感染してしまう為、ゼロにすることは難しいことですね
一般的には、特に生後1歳半から3歳までは極力上記にあげた“スキンシップ”を避けることが望ましいです。
これらが実行できれば、口腔内の細菌勢力図、つまり、無害な菌の方が多くなるか、虫歯の原因となる悪い菌の方が多くなるかが決まってくるので、虫歯菌が感染する確率を格段に減らすことができます。
大切なお子さんの歯の健康だからこそ、小さいうちからしっかりと守ってあげたいですね!

『親知らずは必ず生える?』

『親知らずは必ず生える?』
親知らずは、誰しもが必ず生えるわけではありません。
日本人の成人で、親知らずが上下4本全て生えている人は、およそ半分くらいだそうです。
しかし古代では、ほとんどの人に「上下4本の親知らずを含んだ32本の永久歯が生えていた」と考えられています。
それは、古代人の食生活からの推測でもあり、古代人の調理の方法は現代のように多くなく、硬い食べ物が多く、あごの力を必要とされていたことも、そのように考えられる要因と思われていたようです。

古代人も次第に火を使って調理をするようになり、食事が柔らかいものになっていった為、あごは徐々に小さく変化していき、上下32本の歯があごにおさまらなくなり、ついには生えなくなったと考えられています。

現代人の永久歯の数が減る傾向の元には、食生活の変化とともにあごが小さく進化してきたということなのかも知れません。
生え方によっては抜歯の必要がない親知らずもありますが、横向きに生えてきたりするものもあります。
磨き残しなども心配な箇所ですから、生えている方は歯医者さんに相談してみてくださいね。

『食べ物にもふくまれているフッ素』

『食べ物にもふくまれているフッ素』
フッ素は歯磨き粉の中だけに含まれているものではない!!・・・と、いうことをご存じでしたか?
最近では、フッ素と聞くと歯磨き粉などのケアグッズに記載されているので、フッ素についての認知度は高いと思います。

フッ素とは、ミネラルの1つです。ミネラルは、丈夫な歯や骨のために必要な栄養素です。
地球上のどこにでも存在しており、私たちにとっては大切な栄養素です。
そして、フッ素は私たちの身近な食品にも含まれているのです。

例えば焼き魚などで食すイワシ。
イワシのフッ素濃度は8~19.2ppmと高濃度のフッ素が含まれています。
イワシの他にも、
海藻:0.1~0.7ppm、牛肉:2ppm、緑茶:0.1~0.7ppmなど普段多く口にする食べ物にも含まれていることが分かります。
フッ素の効果には、細菌の抑制、歯質の強化・強い歯を作る、脱灰を抑制し再石灰化の促進をうながす・・・など様々なメリットがあります。

たくさんおいしいものを食べて適度にフッ素を摂取し、お口の健康を守りましょう!!
※フッ素濃度1ppmとは、1kg中にフッ素1mgが含まれていることを示す単位です。

『夢占いと歯の繋がり』

『夢占いと歯の繋がり』
夢占いをご存知ですか?
夢占いとは、もともとは心理学者が患者の精神分析として、夢に解釈をくわえたものが始まりと言われています。
中でも「歯にまつわる夢」 、これには様々な意味が込められているそうです。

☆歯が抜ける夢
歯が抜ける夢には2つ意味があるそうで、喪失を暗示する夢だったり、反対に悩みから解き放たれて自由になれる!という暗示と言われています。

☆歯が新しく生えてくる夢
夢占いにおいて、歯は“財産”を象徴しています。
財産とはお金、家族、友人などを指し、歯が生えてくる夢は、その財産が増えるラッキーな暗示かもしれません。
また、新しい何かの始まり、これまでの自分から生まれ変わろうとしている・・・という意味もあるそうです。

これらはあくまでも、心理学の世界から歯の夢を解釈したもので、絶対的と言うわけではありません