江東区しぶかわ歯科クリニック 当院にて1回以上受診された方はオンライン予約は御利用いただけません|江東区しぶかわ歯科クリニック
江東区しぶかわ歯科クリニック 診療時間|江東区しぶかわ歯科クリニック 休診日|江東区しぶかわ歯科クリニック 各種クレッジットカードがご利用いただけます|江東区しぶかわ歯科クリニック 電話番号:03-3846-8461|江東区しぶかわ歯科クリニック 住所:東京都江東区森下4-7-8(森下4丁目くすりの福太郎そば)|江東区しぶかわ歯科クリニック
ロゴ|江東区しぶかわ歯科クリニック 背景|江東区しぶかわ歯科クリニック
診療方針|江東区しぶかわ歯科クリニック 院長:渋川直也|江東区しぶかわ歯科クリニック 経歴1|江東区しぶかわ歯科クリニック 経歴2|江東区しぶかわ歯科クリニック 経歴3|江東区しぶかわ歯科クリニック 経歴4|江東区しぶかわ歯科クリニック

FAPホワイトニング|江東区しぶかわ歯科クリニック

ホワイトニングを行う際は、直近で他医院で歯石除去を行われた場合も
当院で必ず歯石除去が必要となります。


虫歯予防効果もある歯にやさしい漂白

FAPホワイトニング法は、歯の表面を強化しながら白くするという画期的な漂白法です。
FAPホワイトニングの効果の高さは、日本だけではなく海外でも注目され始めており、
これまでは、海外の技術の導入であった審美歯科漂白で、初めて世界に発信できる日本オリジナルの技術です。

FAPホワイトニング|江東区しぶかわ歯科クリニック

施術方法

FAPホワイトニング FAPホワイトニング FAPホワイトニング
1.ワックスを歯肉
に塗り、歯肉を保
護します。
2.歯の表面にペー
スト(薬)を塗ります。
3.15分後、ペースト
をふき取り、水洗い
後ワックスを取り除
いて終了。

ライン

特徴

1.特許および商法登録取得済み

トレーニングを受けた限られた医院のみで施術しています。

2.効果と安全性が学術的に裏付けられている

大学での研究、学術雑誌への論文投稿など基礎研究での裏付けを行った安全性の高い
  ホワイトニングです。

3.ナチュラルホワイトな仕上がり

従来のホワイトニングが白墨のような艶のない白さなのに比べ、
  FAPホワイトニングは艶のあるナチュラルホワイトな仕上がりです。
  舌触りもホワイトニング前よりつるつるとしてなめらかになります。

4.白さが続く

従来のホワイトニングは、短期間で色の後戻りが起こってしまう上、日本人の歯は黄ばみが強いため、
  ホワイトニングを繰り返し続ける必要がありました。
  しかし、FAPホワイトニングは、ホワイトニング前よりもエナメル質表面が滑らかになるため、
  色の後戻りはありません。
  ただし、茶渋など着色汚れが付着することは避けられませんのでクリーニングは必要です。

5.歯にやさしい

従来のホワイトニングは成人以上が対象とされています。
  しかし、FAPホワイトニングは年齢や症状に合わせて使用できるため、
  小学生からでも行うことができます。

6.歯質を強化して虫歯予防効果が得られる

従来のホワイトニングは、白くはなっても、歯の表面がダメージを受けていました。
  FAPホワイトニングは歯の表面に強化カルシウム(フッ化アパタイト)を補い、
  歯と一体化させるため、歯質が強化され(耐酸性が向上)、虫歯予防効果が得られます。
  矯正装置をはずしたあとの歯のケアにも特におすすめです。

ライン

施術例

FAPホワイトニング 矢印 FAPホワイトニング
FAPホワイトニング FAPホワイトニング


FAPホワイトニング Q&A|江東区しぶかわ歯科クリニック


Q1. 時間や期間はどれぐらいかかりますか?
A1.薬を塗るのは15分間を2回です。

1週間に1回のペースで来院していただいて、これを5~10回行います。
お急ぎの場合は調整いたします。

ライン
Q2.歯に悪くないですか?
A2.一般の漂白薬は、歯の表面をざらついたスリガラス状にするため、
歯の表面に汚れが付きやすくなり、少なからずダメージを受けます。
しかしFAP法は、虫歯予防効果のある強化カルシウムを使って歯の表面を強く、白くします。


ライン
Q3.体に影響はありますか?
A3.漂白後は、歯の上にのせてある薬をふきとるので、体内に流れる心配はありません。

万が一飲み込んでしまっても、自然に体外に排出されますし、基本的な成分はカルシウムですので安全です。

ライン
Q4.色の後戻りはありますか?
A4.表面を覆っている強化カルシウムが保護しているので、着色汚れは付きにくく、
元の色に戻ることはありません。


しかし、茶渋などの着色汚れで色が悪くなることはあります。

ライン
Q5.メンテナンスはどうすればいいですか?
A5.歯が汚れてくるのでクリーニングやホワイトニングで汚れを落とす必要があります。

歯は皮膚と同じで年とともに艶もなくなり、くすんできます。ですから今の艶と白さを保つためにも、
定期的なお手入れをしてください。

ライン
Q6.痛みはありませんか?
A6.ほとんどの方に痛みはありませんが、場合によっては痛みが出る場合があります。

(虫歯や歯の先端が磨り減っている歯、エナメル質が薄い下の前歯など)
その場合、鎮痛剤を処方することもあります。

ライン
Q7.FAPホワイトニングをした後は、漂白効果の後戻りはありますか?
A7.施術後の歯の表面は、フッ化アパタイトという強化カルシウムの層で保護されているので、
着色や汚れることはなく、色が後戻りすることはありません。


ブラッシングをしっかり行ったり、定期検診を受けたり、日頃の手入れにより白さを保つことができます。
ただし、日頃の手入れを怠ると、茶渋などが着色し白さがなくなってしまうこともあります。

ライン
Q8.施術中の痛みはありませんか?
A8.施術中の痛みはほとんどありません。
施術後には人によって痛みを感じることがありますが、ほとんどの方はありません。


痛みと言ってもしくしく、スースーとしみる感じです。その場合、鎮痛剤を処方することもあります。
ただ、痛みがあっても治療当日だけでひいていきます。

ライン
Q9.どのくらいの白さになりますか?
A9.歯質により個人差がありますので、実際にFAPホワイトニングをしてみないと、
どこまで白くなるのかは正確ではありません。


ただ、どんな方でも治療後の口元は明るい印象になるでしょう。

ライン
Q10.FAPホワイトニングの時間や期間はどれくらいかかりますか?
A10.漂白薬は、1回15分間×2回歯に塗布するので計30分です。
カウンセリングなども含めると1回の通院は1時間ぐらいでしょう。


1週間に1回のペースで来院していただいて、これを5〜10回行います。
お急ぎの場合は相談に応じます。

ライン
Q11.施術後、歯の変色は起こりませんか?
A11.一般的なホワイトニングは、歯の表面をざらついた凸凹状にしたままなので、
歯の表面に着色汚れが付きやすくなり、変色しやすいです。
しかしFAPホワイトニングでは、凸凹状にした歯の表面に虫歯予防効果のある
フッ化アパタイトという強化カルシウムを塗布します。
そのため歯質を強化しながら歯を白くしていき、変色は起こりにくいのです。


ライン
Q12.体に悪影響を及ぼすことはありませんか?
A12.施術後は、歯に塗布した漂白薬をすぐ拭き取るので、体内に流れる心配はありません。

万が一飲み込んでしまっても、基本的な成分はカルシウムですので自然に体外に排泄されます。
ご安心ください。

ライン
Q13.どの歯にも治療はできますか?
A13.一般的なホワイトニングもFAPホワイトニングも前歯(上下12本)に治療するのが基本です。

お口を開けて奥まで見えるときは小臼歯(前歯から4本目)まで治療を受けることができます。
噛み合わせたときの上下のバランスを考えて各歯科医院でご相談ください。

ライン
Q14.入れ歯なのですが、残っている自分の歯に治療できますか?
A14.ご自分の歯でしたらホワイトニングはできます。
ご自分の歯が入れ歯と比べて、黄ばんでしまっているときは、FAPホワイトニングで
白くするとキレイになります。


場合によっては、入れ歯よりも白くなることがありますので、色味などの詳細は
各歯科医院でご相談ください。

ライン
Q15.矯正治療中でもFAPホワイトニングはできますか?
A15.矯正装置が前歯に付いている時期にはホワイトニングすることはできません。

矯正治療前でしたら歯質を強くする意味で、FAPホワイトニングを受けることができます。
矯正装置を外した後でしたら、もっと効果的です。歯を白くする上に歯質を強化しますので、
虫歯予防にもなります。その際は、歯の研磨処置を受けてからFAPホワイトニングを受けてください。

ライン
Q16.妊娠中でもFAPホワイトニングはできますか?
A16.歯の表面に限局した施術なので、体内に取り込まれることはありません。
しかし妊娠中・授乳中における治療の影響は、因果関係の検証実験を行っておりませんので、
確実に安全とは言えません。
万が一のことを考慮して妊娠中・授乳中のホワイトニングはお控えください。


ライン
Q17.中学生でもFAPホワイトニングはできますか?
A17.一般的なホワイトニングは成人してからでないと受けられませんが、
FAPホワイトニングの場合は刺激が少ないため、中学生でも受けることができます。


生えたての歯を虫歯になる前に強くし、虫歯予防する意味でもおすすめです。

ライン
Q18.前歯に縞模様があります。それでも歯は白くなりますか?
A18.FAPホワイトニングによって縞模様は薄くなりますが完全に消えることはありませんし、
真っ白になることもありません。


真っ白な歯をご希望でしたら人工歯を利用した治療も検討されるとよいでしょう。
ただし、どんな人工歯でも自分の歯に勝るものはありませんのでじっくりとお考えください。

ライン
Q19.歯の神経を取って、黒ずんでしまっている歯にFAPホワイトニングはできますか?
A19.治療そのものは可能ですが、歯の内部の黒ずみが消えることはありません。
しかし、歯の表面が白くなることによって内側の黒さを隠すことはできるので、
全体で見れば白くはなります。


キレイな白さにしたいときはウォーキングブリーチングや人工歯にするのがよいでしょう。
その場合、どちらの方法が適しているかを決めていただくために、歯科医師からの
カウンセリングを利用されることをおすすめします。

ライン
Q20.差し歯や銀歯にもFAPホワイトニングはできますか?
A20.差し歯や銀歯のような人工歯の色は変えることはできません。

その部分を白くしたいときは、セラミックなどの白い素材を使い、新しく作り変えます。

ライン
Q21.FAPホワイトニング後、ブラッシングをする際に気を付けることはありますか?
A21.いつも通りで構いません。
電動歯ブラシやデンタルフロスなどを使っても問題ありません。


ライン
Q22.FAPホワイトニング後の手入れはどうすればよいですか?
A22.施術後、歯科医院で歯のクリーニングなどを定期的に行い、汚れを落とす必要があります。

歯は皮膚と同様、年を重ねるとともに艶もなくなり、くすんでいきます。
ですから今の艶と白さを保つためにも、定期的な手入れは欠かせません。

ライン
Q23.FAPホワイトニング後におすすめの歯磨き剤はありますか?
A23.フッ素入りの歯磨き剤をおすすめしています。

フッ素入りと言ってもフッ化スズではなく、フッ化ナトリウムが含まれているものが
ホワイトニングをした後は適しています。
現在、市販の歯磨き剤の約8割はフッ素入りですので、そちらを使っていただいても構いません。

ライン
Q24.FAPホワイトニングを受けた日に気を付けることはありますか?
A24.とても熱いものや冷たいものを飲食するのは、控えるようにしてください。

一般的なホワイトニングでは着色しやすいカレーや赤ワインなどは控えるように言われますが、
FAPホワイトニングだけは制約がありません。
それは歯の表面を硬く滑らかに仕上げるので、着色汚れが染み込む心配がないためです。

ライン
Q25.自宅でホームホワイトニングを併用してもよいですか?
A25.FAPホワイトニング以外とホームホワイトニングを併用するのは避けてください。
ホームホワイトニング用のFAP漂白薬を使用するようにしてください。


ライン
Q26.歯科医院でPMTCを定期的に受けていますが、そのときFAPホワイトニングを
1回するとよりいいと聞きました。どのようにしたらいいのでしょうか?

A26.PMTCは機器的な歯のクリーニングです。
FAPホワイトニングは化学的にクリーニングしますので、より細かな部分まで汚れを
取り除くことができます。
かつ、歯質を強化し、つるつると滑らかな表面にもなるため、
汚れが付きにくくなります。そのため虫歯予防効果がより高まります。


ただし、FAPホワイトニングは前歯の表面にしか治療ができないため、歯全部の虫歯予防の
効果を得るためには、奥歯や歯の裏側すべてを行えるPMTCと併用することをおすすめします。

ライン 詳しくはFAP美白歯科研究会のホームページをご覧ください。


ライン
個人情報保護法リンクサイトマップ

フッターロゴ | 江東区しぶかわ歯科クリニック
住所 東京都江東区森下4-7-8  ( 森下4丁目くすりの福太郎そば) 江東区しぶかわ歯科クリニック・当院までのアクセス
診療時間   平日 9:30~12:30 / 14:30~19:00   土曜 9:30~12:30 / 14:30~18:00   休診日 水・日祝祭日

江東区しぶかわ歯科クリニック・24時間オンライン予約はこちらから
当院にて1回以上受診のある方は、こちらからご予約いただけません。


copyright 2013 江東区しぶかわ歯科クリニック.All Rights Reserved.