喫煙と歯周病(2) | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

喫煙と歯周病(2)

喫煙が歯周病に与える影響を少しご紹介しましょう。

 ・ニコチンの作用により、毛細血管が収縮し血流が悪くなる
  →歯茎に酸素や栄養が行く届かなくなる。
   歯周ポケット内の酸素が減り、歯周病菌が繁殖しやすくなる(歯周病菌は酸素が嫌い)

 ・白血球の機能が低下する
  →歯周病菌の増殖を抑えることができなくなる。

このように、喫煙により、歯周病への抵抗が弱くなってしまいます。

また、喫煙者の歯肉は、ニコチンの作用で血流が悪く出血しにくいため、歯周病の自覚症状となる「歯肉からの出血」「歯肉の腫れ」に気が付きにくくなります。
そのため、歯周病がかなり進行していても、本人が気がつかないことが多いのです。

喫煙者の方は、症状がなくても、歯周病になっている可能性が非常に高いです。
また、ヤニもたまってくるとなかなか落としにくくなってきてしまいますので、おタバコを吸われているかたは、まめに歯科医院を受診されることをお勧めします。

しぶかわ歯科クリニックでは、禁煙後の歯周病治療、ホワイトニングなども積極的に行っています。
(禁煙と同時にホワイトニングを行うと、禁煙継続のモチベーションもあがりますよ!)
気になる方は是非一度、ご相談ください。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト