喫煙と歯周病(1) | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

喫煙と歯周病(1)

最近は、たばこの値上がりや、分煙の徹底、喫煙所の減少などで、ずいぶん禁煙なさった方も増えたのではないでしょうか?
たばこと、口腔内の環境については大きく関係があるので、診療の際にも患者さまには喫煙か、非喫煙かをお訊ねすることがあるのですが、初診のときには喫煙なさっていたかたでも、禁煙された方が増えたように感じます。

たばこは、歯周病のリスクファクター(原因因子)になります。

たばこの箱には、肺がんのリスクがどうだとか、妊娠中の人が吸うと胎児に影響がだとか、身体に悪いですよ、と言う内容がたくさん書いてあります。
ぜひそこに「歯周病のリスクも高まる」と言うことも記載してほしいなと思います。

よく、煙草の害として、真っ黒になった喫煙者の肺の写真が出されることがあります。
実は、それと同じくらいの悪影響を口腔内も受けています。
肺に取り込まれるたばこの煙の量と、お口の中に含まれる煙の量。
実は一緒ですよね?

喫煙者は、非喫煙者の約3倍、歯周病になりやすく、約2倍、歯を失う可能性が高いとも言われています。

なぜ、喫煙が歯周病のリスクファクターとなるのか。
喫煙と歯周病(2)で引き続きお話していきましょう。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト