知覚過敏がつらい季節 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

知覚過敏がつらい季節

冷たいものがしみる。
冬は、知覚過敏でお悩みの方にはつらい季節の一つです。

前歯に知覚過敏のある方は、風が歯に当たっただけでもしみたり、うがいをするときの水道水がしみたりしてしまっていることでしょう。
そんなひどい知覚過敏のある方には、できるだけ歯に刺激を与えないようにしていただくことをお勧めします。

たとえば、歯が風に当たるだけでも痛いというようであれば、マスクをして過ごすようにしたり、うがいでしみるのであれば、面倒ではありますが、ぬるま湯でうがいをしてください。

知覚過敏は、エナメル質の実質欠損の場合はなかなか良くなりませんが、エナメル質の欠損がない場合は、刺激を与えないようにしてあげることで、症状が軽減してくる可能性があります。

知覚過敏の歯に刺激が強くなってしまう季節ですが、できるだけ刺激を与えないようにして、歯を守ってあげましょう。

知覚過敏もひどくなれば、神経を取る処置にまで進行してしまうこともあります。

たかが知覚過敏と侮らず、気になる症状があれば、歯科にもぜひご相談いただけると良いと思います。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト