歯肉増殖を引き起こす薬 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

歯肉増殖を引き起こす薬

薬の副作用として歯肉増殖を起こすことを、薬物性歯肉増殖症、薬物性歯肉肥大などと呼ばれます。

薬物性歯肉肥大を起こす代表的な薬

 ・フェニトイン(抗てんかん薬)
 ・カルシウム拮抗薬(高血圧の薬)
 ・シクロスポリン(免疫抑制剤)

このような薬を服用している人には歯肉肥大が見られることがあります。
特に、若年層、服用量が多い人ほど重度の歯肉肥大を起こし、ひどいと歯が半分ほど隠れてしまうような歯肉肥大を起こすこともあります。

薬を飲んでいても歯肉肥大が必ず起きるわけではありません。
ですが、歯肉肥大が起きてしまうような場合には、可能であれば、内科の医師と相談し、服用薬の変更をしていただくとよいでしょう。

歯肉肥大が起こった状態では、肥大した歯肉の下で、歯周病菌が繁殖したり、虫歯ができやすくなったりと、悪影響を及ぼします。

服用薬の変更ができない場合には、定期的に歯科でクリーニングを受けたり、場合によっては歯肉切除をするなどの対処が必要になります。

薬物による歯肉肥大と、歯周病とが合わさると、急激に歯周病が進行することがありますので、心当たりのあるかたは、ご相談ください。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト