薬と歯周疾患 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

薬と歯周疾患

病院で処方された風邪薬を飲んでいて、口が渇いたような感じがしたことはありませんか?
それは、鼻水やタンを抑える薬に含まれる成分の副作用による口渇感です。

口は乾燥状態が続くと、どうしても唾液による自浄作用が低下し、虫歯菌、歯周病菌ともに活動性が強くなります。

これが風邪の時や、一時的なものであればさほど心配はいりません。

ですが、慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎で、長期間にわたって鼻水を止めるような薬を服用する場合には注意が必要です。

このような時には特に気をつけて口腔ケアを行う、こまめにうがいをして口の中を潤すようにするなどしていただくといいと思います。

また、さまざまな全身疾患により、多くの種類の薬を長期間服用している時にも、たくさんの薬の副作用が合わさり、唾液の分泌が低下することがあります。
特に、ご高齢の方におおいのですが、多量の薬の服用と、加齢による唾液分泌の低下が合わさり、慢性的に口渇状態が続き、口腔内にもトラブルを起こしてしまいます。

お薬は、全身疾患の治療で必要なものもあるでしょうが、できれば薬は最低限のもののみの服用に限られることをお勧めします。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト