歯周病と関節リウマチ | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

歯周病と関節リウマチ

関節リウマチと言う病気をご存知でしょうか?
名前は聞いたことがある人が多いかもしれません。

関節リウマチとは、全身の関節部分に炎症を起こしてしまう病気です。
初期には、体が動かしにくい、疲れやすいなどの倦怠感を感じることが多いようです。
ですが、関節リウマチは進行すると、関節の動きがどんどん悪くなり、痛みや腫れを伴うようになります。
そして、細かい作業が困難になったり、ひどいと歩行障害や生活に支障をきたすようになってしまうこともあります。

原因は免疫細胞の異常と言われており、日本で約100万人が関節リウマチで悩んでいます。
関節リウマチは40代が発症のピークと言われており、完治が難しいため、長く付き合っていかなくてはいけない病気です。

そして、近年、関節リウマチと歯周病には関連性があるのではないかという研究が進んでいます。

歯周病は、慢性的に歯周組織で炎症が起きている状態です。その炎症細胞、原因細菌は歯茎の毛細血管を通じ全身に流れていきます。
それが、関節で悪さをし、関節痛、関節リウマチの原因になっているのでは、と言うことです。

歯周病は多くの全身疾患と関連があることが分かっています。
定期的なクリーニング、徹底したセルフケアで歯周病を未然に防ぎ、全身の健康を維持したいものです。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト