骨粗鬆症 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の形成と吸収とのバランスが崩れ、骨の密度が下がり、骨がすかすかに、弱くなってしまう病気です。
骨粗鬆症は更年期以降の女性で発症しやすく、女性ホルモンの減少と深く関係があると言われています。

骨粗鬆症になると、少し転んだだけで骨折してしまったり、気がつかない間に、疲労骨折をしやすくなる原因となります。

また、骨粗鬆症は歯周病にも影響を及ぼします。

歯の植わっている、歯槽骨も、骨粗鬆症で密度が下がると、歯周病菌への抵抗力が下がり、急激に歯周病が進行することがあります。
(ちなみに、「歯」は骨粗鬆症になっても、弱くなって虫歯になりやすくなると言うことはありません。)

最近の日本人は、カルシュウムの摂取が全体的に少ないと言われています。

骨が作られる時期には、カルシュウムの摂取を積極的に行うこと、また、更年期を過ぎられた女性の方には、女性ホルモンの低下を緩やかにするために、イソフラボンの積極的な摂取も、骨粗鬆症の予防には有効だと言われています。

骨粗鬆症の治療をなさっているかたは、歯科では必ずそのむねお伝えください。
骨粗鬆症治療薬の一部(ビスフォスフォネート系製剤)はインプラントや抜歯などの外科治療時には服用を中止していただくことが必要になります。
そのまま抜歯をしてしまうと、骨壊死など、重大な症状を引き起こすことがあります。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト