金歯のメリット | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

金歯のメリット

金歯と言う言葉。
最近あまり聞かなくなりましたね。

健康保険の治療では、奥歯の大きめの虫歯は銀歯(12%金銀パラジウム合金)で治療されます。
自由診療を利用すれば、セラミックや、ゴールドを使用することが可能です。

審美的に優れていることから、自由診療の場合では最近はセラミックが圧倒的に人気があります。

ですが、実はゴールドにも生態的なメリットは大きいということはご存知でしょうか?

ゴールドは、見た目的には金色の詰め物が入るので、あまり優れているとは言えないかもしれません。
ですが、ゴールドと言うのは、程よい硬さで、歯になじみ、噛めば噛むほどご自身の鳩のフィットがよくなり、非常にかみ心地が良く、二次虫歯になりにくいというメリットがあります。

また、セラミックよりも歯を削る量が少なく、詰め物を入れることができる場合もあるため、歯をできるだけ削りたくないという気持の強い方にもお勧めの治療法です。

当院では、保険の銀歯だけでなく、セラミック、ゴールドなど、さまざまな治療法の選択肢をご用意しています。

治療の前に、詰め物について相談にされたい場合はお気軽にお声かけください。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト