特殊な歯周病~若年性歯周炎 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

特殊な歯周病~若年性歯周炎

歯周病の話は今までも何度もさせていただいておりますが、歯周病の好発年齢は、40代以降からと言うのが一般的です。
ですが、10代、20代の方であっても重度の歯周病を発症することがあります。
それが 若年性歯周炎(じゃくねんせいししゅうえん)です。

通常の歯周病はゆっくりと静かに進行してきますが、若年性歯周炎は進行が速いのが特徴です。
また、前歯、第一大臼歯(六歳臼歯)だけに限局して起こることもあります。
免疫力の低下が原因とされていますが、口腔内の細菌バランスで、ある特定の歯周病菌が多いと、発症する、家族集積性があるとも言われています。

若年性歯周炎は、通常の歯周病と同じように、歯茎の腫れ、出血からはじまり、次第に歯槽骨が溶かされ、歯の動揺、口臭などが起こってきます。
ですが、若年性歯周炎は非常に進行が速いため、早期発見、早期治療を開始しなくては、若くして歯を失ってしまうことになりかねない危険な病気です。(若くして総入れ歯の方などは、若年性歯周炎を発症したことが原因であることがおおいです)

10代、20代の方でも、歯周病症状に心当たりがありましたら、早めに受診、ご相談をいただけるとよいと思います。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト