ゴールドコア・ファイバーコア | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

ゴールドコア・ファイバーコア

歯の神経を取ったり、感染根管の治療を終えられると、神経が通っていた管の部分には詰め物をし、その上に土台を立てます。(さらにその土台の上に被せものをします)
実はこの「土台」が今後、歯を長持ちさせるポイントの一つになってきます。

自費治療にはなりますが、しぶかわ歯科クリニックではこの土台の材料に「ゴールド」と「ファイバー」を用意しています。

ゴールドコア、ファイバーコア(コア=土台)は、硬さが程良く、歯に強い力がかかった際に、根っこに負担をかけない仕組みになっています。
(ちなみに、残念なことに、保険で使用できる土台の素材では、歯に対してやや硬すぎるため、根っこに負担がかかりやすくなってしまいます。)

神経を取ってしまった歯は、水分量が減り、枯れ枝のような状態になってしまいます。そのため、土台に硬いものが入っていると、強い力がかかった際に、土台が歯根に食い込む形になり、枯れ枝のようになった歯根はパキッとひびが入ったり、割れてしまうことがあります。(木の枝も、枯れ枝はすぐに折れますが、幹とつながっているものは簡単には折れませんよね。)
このような現象を防ぐためにも、土台の硬さがとても重要になってきます。

自費治療になってしまいますが、少しでも歯を長持ちさせたいとお考えの方には大変おすすめの治療法です。ぜひ選択肢の一つとしてご検討ください。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト