インプラント | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   


インプラント

◆ 大切な自分の歯がなくなったらどうしますか?
◆ ご存知ですか?インプラント治療
◆ インプラント治療の流れ
◆ インプラント治療Q&A
◆ インプラント治療の補綴物(人工の歯)の種類
◆ 当院のインプラント治療(人工歯根)治療について
◆ インプラント治療における医療費控除について
◆ 医療費控除とインプラント治療Q&A


 大切な自分の歯がなくなったらどうしますか?

① 放置したら?


よいことはひとつもありません。

×抜けた歯の周辺の歯が動いてしまう
×対合する歯が浮いて弱くなる
×噛む機能が低下する
×発音障害が起きる
×見た目が悪い

② ブリッジは?


○補綴物(被せる人工の歯)を選べば審美性は良好
○自分の歯と比べ、食感や味覚はあまり差がない

×削る必要のない健康な歯を削ってしまう
×支えている健康な歯の負担が増える
×歯が抜けた部分の顎骨が次第に痩せていく
×骨が痩せると歯並びに影響が出ることがある

③ 入れ歯は?


○比較的簡単に治療が受けられる
○取り外しができるため、自分では歯磨きが困難な方には衛生的

×固いものや粘りのある食べ物に苦労する
×異物感、違和感、痛みを感じることもある
×味覚が変わる
×臭いや汚れが付きやすく、手入れが大変
×留め金などによって、見た目が悪い

④ インプラントは?


○自然な歯並びになり、口元が美しくなる
○食べ物を選ぶことなく、おいしく食べることができる
○自分の歯に近い感覚で、噛むことができる
○噛む機能が回復でき元気になる
○健康な歯を削ることなく、治療することができる
○1ピースであれば治療から通常1ヵ月で、噛めるようになる

×歯を抜く場合と同等の手術が必要
×体質や疾病(重度の糖尿病等)によっては治療ができない場合がある
×インプラントは顎骨に埋めるため、細菌感染には十分な注意が必要。正しい清掃習慣と定期検診で管理すれば長く維持することができる。

 ご存知ですか?インプラント治療

インプラント治療は、歯がなくなった歯根にあたる部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。
顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、これまでの治療法と異なり、まるで自分の歯を取り戻せたような日常生活を送ることができるようになります。


┃従来の治療法・ブリッジ

違和感は少ないですが、健康な歯に負担をかけてしまう弱みがあります。

┃従来の治療法・入れ歯

健康な歯を削る必要はないものの、食事面や見た目にも課題があります。

インプラント治療は、簡単な手術が一回で済み(1ピース、一回法の場合)、自分の歯を取り戻したような感覚で
違和感なく日常生活を送ることができます

・自然な歯並びで口元が美しくなる
・硬い食べ物、粘り気のある食べ物が楽しめる
・自分の歯に近い感覚で、噛むことができる
・噛む機能が回復でき、元気になる
・健康な歯を削ることなく、治療することができる
・1ピースを選べば、治療から通常1、2ヵ月で噛めるようになる


 インプラント治療の流れ

① 検査、術前計画


まずレントゲンやCTで十分な診断を行い、治療の計画について十分な説明を受けます。患者さんが納得した上で治療を選択します。

② インプラント植立の手術


歯が抜けたところへインプラントを植立、顎の骨にしっかりと固定されるまで1~2ヵ月待ちます。その間、仮歯も装着できます。

③ 人工の歯の取り付け


インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

④ メンテナンス


インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一度は定期健診を受けて下さい。


 インプラント治療Q&A

Q1.インプラントの素材は何ですか?
A1. インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみを更に良くする為に表面処理が施されています。
チタンは人工関節など、様々な分野で使用され、生体親和性の高い素材として世界で認められています。

Q2.インプラント治療を誰でも受けることが出来ますか?
A2.年齢に上限はありません。骨の成長がほぼ終了する16歳くらいから治療を受けることができます。
ただし、心臓病や糖尿病などの疾患がある方や、妊婦の方などは受けられない場合もあります。
また、顎の骨の状態によっても受けられない時があります。いずれの場合も歯科医師によくご相談ください。

Q3.インプラントの手術は痛いのでしょうか?また時間はどのくらいかかりますか?
A3.手術は通常局所麻酔下で行われますので、手術中はほとんど痛みはありません。
手術時間は30~120分程度です。

Q4.治療費はどのくらいかかるのでしょうか?また保険は適応されますか?
A4.インプラントの治療費は、本数、被せ物の種類によって異なります。
現在のところ、インプラント治療に関して保険適応はされていません。
自費扱いとなっていますが、医療費控除の対象になっています。

Q5.インプラントはどのくらいもちますか?また、手入れはどうすればよいでしょうか?
A5.20年を超える症例も多数報告されています。長持ちさせるには、定期的な通院と十分な手入れをすることが重要です。
ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするために、半年に一度は定期健診を受けて下さい。



 インプラント治療の補綴物(人工の歯)の種類

補綴物とは、インプラント体に装着する人工の歯・被せもののことです。金属で作られた物やレジン(樹脂)で作られたもの、セラミックス(陶器)で作られたものなど種類は様々で、選ぶものによって見た目、強度、 費用が異なり、歯科医院によっては取り扱ってないものもあります。ご自身の目的や予算に合わせて、歯科医師に相談してみましょう。

┃ゴールドクラウン


「金合金」や「白金合金」等の貴金属を使用したもの

○強度が高い
○ほとんどの部位に使用可能
○最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい

×審美(見た目)的に劣る金属色
×汚れが付きやすい
×金属アレルギー引き起こす可能がある
※卑金属の含有率が高い場合よりアレルギーの可能性は低い

┃ハイブリッドレジンクラウン


レジン(樹脂)とセラミックス(陶器)の混合物、白色

○審美的に天然歯に近く仕上がる
○固すぎないので、周囲の歯と噛み合う歯を痛めることがない
○金属アレルギーの心配がない

×色調はセラミックスで覆われたクラウンに透明感で劣る
×変色しやすく、時間が経つと自然な感じがなくなってくる場合がある
×セラミックスで覆われたクラウンに比べ、汚れが付きやすい

┃メタルボンドクラウン


内面は金属、外面をセラミックスで覆われている、白色

○透明感があり、より天然歯に近く仕上がる
○変色しにくい
○内面が金属なので、強度に優れている

×色調はオールセラミックスクラウンに劣る
×天然歯より硬く、周囲や噛み合う歯を痛めることがある
×セラミックスの部分が割れることがある
×金属アレルギーを引き起こす可能性がある
※貴金属を使用すれば、卑金属の含有率が高い場合よりアレルギーの可能性は低い

┃オールセラミックスクラウン


セラミックスだけでできている、白色

○透明感があり、より天然歯に近く仕上がり、非常に審美性に優れる
○変色しにくい
○表面滑沢で歯垢がつきいくい
○金属アレルギーの心配がない

×天然歯より硬く、周囲や噛み合う歯を痛めることがある
×比較的治療費が高い

┃ジルコニアセラミックスクラウン


メタルボンド内側の金属の代わりに、ジルコニア(酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックス)を使用したもの、白色

○透明感があり、より天然歯に近く仕上がる
○変色しにくい
○ほとんどの部位に使用できる
○金属アレルギーの心配がない

×色調はオールセラミックスクラウンに劣る
×セラミックスの部分が割れることがある
×比較治療費が高い

 当院のインプラント治療(人工歯根)治療について

インプラント治療は歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで、顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上からかぶせる治療法です。
インプラント治療には、手術が1回のインプラント1回法と、手術が2回のインプラント2回法があります
当院のインプラント治療は手術が1回の、インプラント1回法で治療しております。


・1ピースであれば手術が1回で済みます
・噛めるまでに1~2ヵ月(症例によって違います)

※インプラント治療は、健康保険の対象外ですが、医療費控除の対象になります。
インプラントは当歯科医院で受けられます。お気軽にご相談ください。

 インプラント治療における医療費控除について

インプラント治療は、健康保険の対象ではありませんが、治療にかかった費用は「医療費控除」の対象になります。
インプラント治療は、大切に使えば長期にわたり、お口の中をしっかり支えてくれる大切な治療です。
有効な治療を少しでも費用負担を軽減し選択していただくため、この制度の概要をご紹介いたします。

「医療費控除」とは?
医療費控除は、一年間に医療機関に払った医療費が10万円以上だった場合(上限は200万円/年収によっては10万円以下でも対象になります。)にその医療費が税金の還付対象になる制度です。この制度を利用すると、高額になってしまった年の医療費の負担を軽く(場合によっては半分以下に)することができます。
更に医療費控除では、本人だけでなく、家族のために支払った医療費も控除の対象となります。以下に当てはまる場合、医療控除の対象となります。

①納税者が、本人または自分の生計を一にする配偶者やその他の親戚の為に支払った医療費であること。
②その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。
③10万円以上の医療費であること。

控除金額はどのくらい?
控除金額は所得税が高いほど高くなります。つまり高額所得者ほど医療費控除で還ってくる金額が多くなる仕組み。実際にはどのくらい還付されるのでしょう?
課税所得別に見た医療費控除還付金について、100万円医療費がかかったものと想定し、一例を表にしました。
課税所得が高いほど還付金額の割合も高く、実質の医療費が割安となっているのがおわかりいただけます。



どうやって申告するの?
医療費控除を受けるためには確定申告が必要です。年末調整を会社で行っているサラリーマンも、確定申告をしなければなりません。
また自営業の方は通常の確定申告と一緒に申告をする事になります。確定申告に必要な書類は下記の通り。
書類を揃えて地域の税務署や申告会場へ行きましょう。インターネットオンライン「e-tax」からも申請が可能です。

①治療費の領収書
②税務署でもらう書類(申告書、医療費の明細書)
③医療保険などで補填された金額の分かるもの
④給与所得者の場合には、還付申告をする年分の源泉徴収表
⑤認印、還付金を受け取る口座番号(本人名義のもの)


 医療費控除とインプラント治療Q&A

Q1.共働きの夫婦、どちらが申告するかで還付金が違う?
A1.医療費控除は、家族内でまとめて申告することができますが、申告する人の収入によって
還付額が大きく違います。例えば夫婦共働きの場合、どちらからも申告できますが、収入の多い方が申告した方が還付金が多くなります。
ちなみに定年などでお仕事を引退される前にインプラント治療を行えば、より還付金が高くなります。
ぜひ在職中の治療をお薦めします。なお、医療の合算は、民法上の親族として認められた家族です。
家計を共にする両親、離れて暮らす子供などもその対象になります。

Q2.治療のための通院費も医療費控除の対象になる?
A2.治療を受けた本人の、医療機関までの電車、バスなどの交通費は対象になりますので、治療日時・病院名・交通費・理由を家計簿などにきちんと記録しておきましょう。ただし、車で通った場合のガソリン代、駐車料金、付添い人の交通費は控除の対象にはなりませんので注意して下さい。また通院費だけではありません。代表的な「治療費」に該当する項目をご紹介しましょう。

・内科、外科など他の疾病の治療費
・治療目的で購入した市販薬(風邪薬、胃腸薬、傷薬など)
・出産費用(出産一時金をもらった場合はその差額)
・付添婦さんへの賃金、食事代など

Q3.インプラントch利用を分割払いですることになりました。控除の対象になりますか?
A3.対象期間内に実際に支払った金額に限って対象になります。ただし、金利、手数料は医療費控除の対象になりませんのでご注意ください。

Q4.2年前のインプラントとの確定申告を失念。もう医療費控除の還付は受けられない?
A4.医療費控除の還付申告は、5年前までさかのぼってできることになっています。
ただ、対象期間の翌3月中旬までに行った方が住民税が安くなるなどのメリットもありそうです。早めの申告をお薦めします。

Q5.医療費控除に関する詳しい情報入手先は?
A5.お住まいの地域の税務署にお聞きください。また、国税庁のホームページなどでも詳しい情報が掲載されています。



美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト