床矯正 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

床矯正・咬合誘導

取り外し式の装置を床装置(しょうそうち)、プラスチックの部分を床(しょう)と呼びます。


入れ歯のことを1床(しょう)、2床と数えることに由来しています。
前歯の外側にくるワイヤーを唇側線(しんそくせん)、歯にかかっているワイヤーをクラスプといい、
装置を拡げるためのネジが床装置についています。装置が壊れたことを電話で伝える時などは、
これらの名称を知っておくと、その状態を正しく伝えることができますので、
この写真を見ながらお話しするとよいでしょう。

┃後方移動装置


┃ 閉鎖型装置

床矯正・咬合誘導 Q&A

装置の取り扱いについて
Q1.装置の着脱は、いつ?
Q2.ネジはどのくらいのペースで巻くの?
Q3.装置のお手入れは?
Q4.装置のつけ外しの注意点は?
Q5.装置を失くさないように注意することは?
Q6.病気の時も装置はつけるの?
Q7.スポーツをする時も装置はつけるの?

痛みがある場合
Q1.床があたって痛い、口内炎ができた。
Q2.ワイヤー(クラスプ・唇側線)があたって痛い、口内炎ができた。

装置が壊れた・失くしてしまった場合
Q1.床が割れてしまった。
Q2.クラスプが切れてしまった。
Q3.床装置を失くしてしまった。

その他
Q1.歯茎が腫れている。
Q2.乳歯が抜けていないのに永久歯が萌えてきている。
Q3.変なところから歯が萌えてきた。
Q4.ゴムをかけた歯がよりすぎている。
Q5.削った乳歯がしみる。


┃装置の取り扱いについて

Q1.装置の着脱は、いつ?
A1.食事や歯磨き、学校で授業の際に発音に不便を感じる場合は外します。
学校につけていきたくない子供は、家に帰ったら装着してください。
歯並び矯正のためには、就寝時間を含め12~14時間以上の装着が必要です。
13才以上は学校でも装着していないと、装着時間を満たすことは出来ません。

Q2.ネジはどのくらいのペースで巻くの?
A2.床装置には平行に拡がるタイプと、扇状に広がるタイプの2つがあります。
並行タイプは1日45度(半分)を1週間に2回巻きます。
ファンタイプは1日30度(1/3)を1週間に3回巻きます。

▼並行タイプ
一番端から真中まで回すと45度巻いたことになります。これが1回分です。

▼ファンタイプ
一番端から約1/3まで回すと30度巻いたことになります。これが1回分です。

通常はこのペースで巻いていきますが、上顎の平行タイプや歯のみを動かすタイプの装置は、
1ヵ月後から毎日巻くこともできます。
※ケースによってネジの巻くペースが異なる場合がありますので、担当の先生の指示に従うようにしてください。

Q3.装置のお手入れは?
A3.歯磨きをする時に床装置も歯ブラシを使って綺麗にしましょう。
歯磨き剤や食器洗いの洗剤を使用して下さい。臭いが気なる場合は洗浄剤を使用しましょう。

Q4.装置のつけ外しの注意点は?
片手で外すとワイヤー(クラスプ)が折れてしまいます。前歯のワイヤーに指をかけて外すと、
変形したり壊れる原因になります。

Q5.装置を失くさないように注意することは?
A5.はずしたら必ずケースに入れるように習慣付けましょう。ケースの無いところでは装置を外さないようにしましょう。ティッシュなどに包んでおくと、ゴミと間違えられて捨てられてしまうことがありますので注意しましょう。

Q6.病気の時も装置はつけるの?
A6.体調が悪くて、装着するのがつらい時は外しておきましょう。
一日つけていなければ90度を1回、2日なら90度を2回というように、入れていなかっ日数だけ、
90度巻き戻してください。それでも合わない場合は医院で合わせますので来院して下さい。
装置を合わせたら、その次の日から毎日90度ずつ、巻き戻した回数分だけ巻きましょう。
その後は元のペースで巻いていきましょう。

Q7.スポーツをする時も装置はつけるの?
A7.マウスピースのように歯を守る役目をしますので、差し支えなければつけましょう。


┃痛みがある場合

Q1.床があたって痛い、口内炎ができた。
A1.痛みは我慢しないでください。口内炎ではなくあたってできた傷のことが多いようです。床の部分を削ればすぐ治ることが ほとんどですので、ご連絡の上、早めにご来院ください。無理して装置は入れないでください。

Q2.ワイヤー(クラスプ・唇側線)があたって痛い、口内炎ができた。
A2.痛みは我慢しないでください。口内炎ではなくあたってできた傷のことが多いようです。床の部分を削ればすぐ治ることが ほとんどですので、ご連絡の上、早めにご来院ください。無理して装置は入れないでください。


┃装置が壊れた・失くしてしまった場合

Q1.床が割れてしまった。


A1.修理致しますので、装置を作ったときにお渡しした模型を持って来院してください。
プレートが割れて痛みがある場合は外しておいて下さい。
問題がなければいつも通り装着しておいて下さい。

Q2.クラスプが切れてしまった。


A2.修理しますので、プレートを作ったときにお渡しした模型を持って来院してください。
つけたままでも問題がなければいつも通り装着しておいて下さい。

Q3.床装置を失くしてしまった。
A3.必要に応じて再製作しますので、できるだけ早く来院して下さい。
床装置をつけない時間が長く続くと後戻りしてしまいます。


┃その他

Q1.歯茎が腫れている。
A1.歯磨きが不十分で、歯肉炎になっている場合と、矯正とは関係なく虫歯などで歯茎が腫れている場合があります。

Q2.乳歯が抜けていないのに永久歯が萌えてきている。
A2.場合によっては、抜いた方が矯正がうまく進むことがあります。
次の予約日までに日数があるようでしたら、ご連絡の上早めに来院して下さい。

Q3.変なところから歯が萌えてきた。
A3.唇や舌の力で自然に正しい位置に並ぶ事もありますし、矯正器具の力で歯を移動させる事もあります。
次の予約日までに日数があるようでしたら、ご連絡の上早めに来院して下さい。

Q4.ゴムをかけた歯がよりすぎている。
A4.よりすぎている場合は、ゴムを外すと改善します。気になる場合は、ご連絡の上来院して下さい。

Q5.削った乳歯がしみる。
A5.ひどくしみる場合は、削った部分にコーティング処置をします。それでもしみる場合は抜歯することもあります。ご連絡の上来院して下さい。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト