診療方針 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   


診療方針

当院では基本的にインフォームドチョイスを基本としております。
インフォームドチョイスとはある治療において治療方法、その際のそれぞれのリスク、メリットデメリット、
材料を提示し来院者の皆様に選択していただくというものです。
インフォームドコンセントにさらに選択肢を付け加えた形になります。その際にさまざまな説明媒体
(PCを用いた説明や診療内容の手順書など)を用いて御説明し、納得をいただいた上で治療開始となります。


治療が無事終了された方には基本的には定期健診プログラムに御参加いただきます。
私が歯科医師としてあたってきた治療すべてに当てはまるのですが、歯科の疾患特に歯周病の治療は
慢性疾患で治療は進行を食い止める治療なのです。そのため、来院者のさまざまな理由での中断などに
よって我々歯科医が拝見できない時間が続き、歯茎に何らかの症状(腫れた、膿が出た、歯が浮いた)
が現れたときには悲惨な結果になっているケースを経験しています。

よって症状がなくても定期的に拝見させていただくことが、お口の状態を保つ唯一の方法なのです。
仮に何らかの症状があっても定期的に拝見できることにより最小限の治療ですむことになります。
是非この事をご理解頂き、定期健診にご参加ください。自分の歯でかめるのが一番です。
もう、歯を抜きたくはありません。

ごあいさつ

皆さんにとって歯はどんな存在でしょうか?
食事、会話になくてはならないものですよね。皆さんは歯医者へ行くのは好きですか?
100%の方がNoとお答えになるでしょう。歯医者は痛くなったら行くところ。
行ったら治療期間が長くてなかなか治療が終わらない。しかも痛い!。
だから治療途中の部分がある。

でもそれは皆さんの生活にとってプラスになりますか?
決してプラスにはならないのではないでしょうか。この誰もが考えるこの考え方を払拭すべく
私は大学病院を辞し開業という選択を生まれ育ったこの森下の地で致しました。
歯医者は痛くなったら行くところではなく、治した歯を末永く維持するために行くところへと・・・。

今までの歯医者の概念を覆すべくスタッフ一同皆様のお口の健康維持のお手伝いをできれば幸いです。
21世紀は予防の時代。皆さんも御自身の歯の予防始めてみませんか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

しぶかわ歯科クリニック 院長   歯学博士 渋川 直也
院長 渋川 直也 プロフィール

平成12年 鶴見大学歯学部 卒業
平成18年 しぶかわ歯科クリニック開院
     鶴見大学歯学部非常勤講師
平成18年 日本レーザー歯学会 認定医
平成23年 日本大学松戸歯学部兼任講師
     (特非)日本歯周病学会 認定医
平成24年 歯科医師臨床研修指導歯科医


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト