義歯のお手入れ | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

義歯のお手入れ

義歯は一人一人のお口に合わせて作られた特別な人工の歯です。
義歯はお手入れ次第で使用できる年数が大きく変わってきます。
失われた歯の代わりとなる義歯を使って長期間快適な生活を送るため、また残った歯を虫歯や歯周病から守るためにも正しい義歯のお手入れは必要不可欠です。


◆お手入れが不十分だと…

・歯の内側にデンチャープラークが溜まり、歯肉が炎症を起こす義歯口内炎や口臭発生の原因となります。
・お茶やコーヒーなどの茶渋や、タバコのヤニなどの着色沈着が起こります。
・残存歯(残っている歯)が虫歯になってしまったり、歯周病を引き起こします。
・口腔内の細菌が誤って肺に入り込み、誤嚥性肺炎の原因となります。
・義歯は乾燥に弱く、正しいお手入れを行わないとひび割れや変型など、故障の原因となります。


◆義歯のお手入れ

義歯の種類によってお手入れの方法は異なりますが、一般的なお手入れ方法をご説明します。
基本的には義歯を作成したかかりつけの歯科医院での説明・指導に従ってお手入れを行って下さい。

☆専用ブラシで磨く
総義歯も部分義歯も必ず取り外して専用のブラシで洗浄しましょう。
落としても紛失や破損をしないように、流水下に洗面器を置いて洗浄するようにして下さい。
部分義歯のクラスプ(バネ)は汚れが残りやすいので、小さいブラシを使ってすみずみまで丁寧に洗浄しましょう。

※ハミガキ粉では絶対に磨かないでください。
研磨剤が入っているものもありますので、義歯が削れてしまい細菌が増殖する原因となります。
また、力を入れ過ぎるとクラスプの変型やキズを作ってしまうので、注意してください。

☆入れ歯洗浄剤を使う
2~3日に1度は入れ歯洗浄剤を使用しましょう。
ブラッシングだけでは除去しきれないプラークやカンジタ菌などを除去し、口臭や義歯口内炎、誤嚥性肺炎の予防にもなります。
汚れがひどい場合は一晩浸けおきするとよいでしょう。

※義歯の素材によっては熱湯で変型してしまう場合もありますので、入れ歯洗浄剤を使用するときにはぬるま湯で洗浄するようにして下さい。
浸けた後は義歯をきちんと洗浄し、洗浄剤を完全に洗い流しましょう。

☆義歯を保存する
義歯は乾燥や直射日光に弱いので、綺麗に洗浄した後は清潔な水や義歯洗浄剤の入った専用のケースに入れて保管して下さい。
衛生のため保管用の水や洗浄液は毎日取り換えるようにしましょう。
痴呆がある方は義歯を既定の場所に保管するか、ご家族の方が管理するようにして下さい。

☆残存歯を磨く
義歯を装着しているとお口の中が不衛生になりがちです。残存歯も虫歯や歯周病にならないよう、丁寧に磨きましょう。


◆その他の注意

・やむを得ず体調が悪い時は義歯を外してもかまいませんが、長期間外していると不適合の原因となりますので、体調が良くなったら早めに義歯を付けるようにしましょう。

・基本的に就寝する時は誤嚥や義歯口内炎の予防、お口の粘膜を休ませるため、義歯を外すようにします。
顎関節症や、義歯を外すと眠れなくなるなど問題のある方のみ、歯科医師との相談で着用するようにします。

・義歯が合わなくなってきたと感じた時は、自分でクラスプを変型させたりせず必ず来院して下さい。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト