歯科金属アレルギー | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

歯科金属アレルギー

みなさんは歯の治療後、24時間お口の中に入っている金属のことを考えた事がありますか?
原因不明の湿疹が出た。金属をつけていないのにアレルギーが出た。
そんな症状が出た方の中には、歯科治療で使用した金属が原因でアレルギーを起こしていたということがあります。あなたの治療した歯は大丈夫ですか?


◆歯科金属アレルギーの原因

金属は通常身体に対して無害なものですが、人によっては歯科材料が原因で湿疹やアトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症などのアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。
花粉症などのアレルギーは、花粉などの原因物質と接触する事によって発症する短期性のアレルギーです。
一方、歯科金属アレルギーは原因物質が分子レベルで溶解し、「金属イオン」となって徐々に体内に取り込まれて発症する遅延性のアレルギーです。

また、アマルガムやパラジウム合金、ニッケル・クロム合金、銀合金などは、水銀を含んでいたり、酸化しやすい金属のため、歯科金属アレルギーを引き起こしやすいといわれています。
これらの金属が溶解すると、蓄積された重金属から活性酸素が発生し、老化や免疫機能の低下、歯肉の変色、臓器機能障害を引き起こすこともあります。

治療に使用した詰め物だけでなく、インプラントや義歯にも金属が使われていますので、治療後に湿疹や変調をきたしたら、一度歯医者さんまたは皮膚科に相談してみましょう。


◆歯科金属アレルギーの治療

☆原因物質の除去
歯科素材が原因となって起こったアレルギーの場合は、基本的に原因となった素材を取り除くことで症状は改善します。
金属を除去している時に他の所へ飛び散らないように、ラバーダムと呼ばれる削った歯や薬物の誤飲を防止するマスクを付けて治療をしてくれる歯科医院をお勧めします。

☆ノンメタル治療
アレルギーを引き起こしやすい金属を含まないセラミックスやレジン(樹脂)などの歯科素材に置き換えます。
ノンメタル素材は体に優しく、見た目も天然歯に近い審美性にも優れた素材です。
反面、保険のきく金属の素材と違い、自費扱いになります。
被せ物以外にセメントや薬剤などにも金属が含まれている場合もあります。

☆メディカルデトックス
体内に蓄積された有害な金属は容易に排出されません。また、食事や運動では排出に時間がかかってしまいます。
原因物質の除去をしても症状が改善しない場合、メディカルデトックス(点滴キレーション療法)によって原因物質を排出していきます。
使用される点滴は化粧品の他、食品などにも配合されている成分です。
毒素排出の他、自律神経正常化や生活習慣病の予防、アンチエイジングにも効果があります。


◆歯科金属アレルギーの予防

☆アレルギーの検査
ノンメタル素材でも、強度や色合いを調整するために様々な素材が使われています。
そのためノンメタル素材にしてもアレルギーの症状が改善しなかったり、かえって悪くなってしまうこともあります。
そんなことが起こらないように、治療前にパッチテストや生活環境アレルギー検査などを行いましょう。
自分に対してのアレルギーを知っておくと、お口の中だけでなく、日常生活や体全体の健康管理にもつながります。

☆かかりつけの歯医者さん
他の医院で治療したらまたアレルギーが出てしまった。アレルギーが出たから、また治療をしなおさなければならない…。
そんなことのないよう、自分の体質や病歴を知っているかかりつけの歯医者さんを見つけることも大切です。

☆歯を大切に
虫歯になったら被せ物、歯がなくなってしまったら義歯など、お口の健康が損なわれると必ず何らかの治療が必要になります。
歯科金属アレルギーにならないためには、お口の健康を損なわないことが最善の治療法です。
定期健診を受けたり、PMTC(プロによる歯の機械的清掃)、フッ素塗布などの予防歯科を心掛け、一生使う自分の歯を大切にしていきましょう。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト