歯科外来診療環境体制加算 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

歯科外来診療環境体制加算の詳細

当院は、患者様にとって、より安全に安心していただける歯科医療の環境整備をはかるために、
以下の施設基準に適合するとして厚生労働省に届け出て認定された歯科医院です。

1 歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準

(1) 診療時における偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を
   修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。(非常勤でも可)

(3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき、次の十分な装置・器具等を有していること。
    ・ 自動体外式除細動器(AED)
    ・ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
    ・ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの 酸素ボンベ、酸素マスク))
    ・ 血圧計
    ・ 救急蘇生セット(吸引器、気道確保用具等、薬剤)
    ・ 歯科用吸引装置

(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前
   の連携体制が確保されていること。
   ただし、医科歯科併設の保険医療機関にあっては、
   当該保険医療機関の医科診療科との連携体制が確保されている場合は、この限りでない。

(5) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた
   洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。

(6) 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。

(7) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の
   調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。

(8) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法
   やその対応及び当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る
   医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

2 届出に関する事項
   歯科外来診療環境体制加算の施設基準に係る届出は、規定の様式を用いること。
   また、偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を
   すべて修了していることが確認できる文書を添付すること。
   

パルスオキシメータ

皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と、脈拍数を測定するための装置です。
赤い光の出る装置(プローブ)を指にはさむことで測定します。
酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを、皮膚を通して経皮的に調べた数値です。
プローブにある受光部センサが、脈動する動脈の血流を検知して光の吸収値からSpO2を計算・表示します。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト