歯ぎしり | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

歯ぎしり

朝起きると顎が傷む、なんとなく歯に違和感を感じるなんてことはありませんか?
歯ぎしりは寝ている間にしていることが多く、そのため自覚症状がないのが特徴です。
疲れている時やストレスを感じた時などに一時的に歯ぎしりをすることは問題ないのですが、それが毎日続くと、睡眠の妨げになるだけでなく歯や体に悪影響をおよぼすことも。
歯ぎしりが習慣になってしまっている場合は、原因を突き止めて対処することが必要です。


◆歯ぎしりの原因

・心因性、ストレス性によるもの
人はストレスを感じるとウロウロ歩き回ったり貧乏ゆすりをしたり、無意識にストレスを発散するための行動を起こします。
歯ぎしりもそういう行動の一種として現れることがあり、その場合はストレスが取り除かれることで治まることがほとんどです。

・咬み合せ異常によるもの
むし歯や歯並び・歯周病などで咬み合せが合わない、顎の変異や金属冠の不適合などがあると歯ぎしりをすることがあります。
長期的に歯ぎしりが続くと歯が削れたり折れたり、顎に負担がかかったりすることで更に咬み合わせを悪くしてしまいます。


◆あなたは大丈夫?

・朝起きると顎に痛みを感じる
・食事をする時などに顎が鳴る
・欠けたり磨り減っている歯がある
・こめかみの辺りに痛みを感じる
・肩こりが治らない

以上の項目に該当する人は、寝ている間に歯ぎしりをしている可能性大です。
しかも一時的な歯ぎしりではないことが考えられます。
1度歯科医院で診察を受け、咬み合せや顎の骨に以上がないか調べてみましょう。


◆歯ぎしりが体に与える影響

歯の痛み、磨耗、破折、知覚過敏、歯周病の進行、顎関節の痛み、口が開かない、頭痛、肩こり、倦怠感

歯には、普通に咬み合せた状態でもその人の体重と同じ位の力が加わるのですが、歯ぎしりをしている時はその2倍程度の力が加わっています。
そのため、歯はもちろん歯周組織や顎の骨にまでダメージを与えることになるのです。


◆治療方法

・咬み合せの悪い歯やむし歯・歯周病の治療
1度治療を施した歯は、詰め物の中でむし歯になっていたり詰め物が合わなくなったり歯周病が進行して歯がぐらついた状態になると、咬み合せが合わなくなることがあります。
むし歯の治療や詰め物の交換、歯を固定して揺れを防止するなどの対策をします。

・マウスピースの使用
歯科医院で歯の形に合わせたマウスピースを作り、就寝時に装着します。
ただし、これは歯が削れるのを防いだり歯にかかる負荷を減らすためのものであり、歯ぎしりを根本的に直す効果があるわけではないので装着時にのみ効果を表します。
また、マウスピースは2mm程度の薄いものなので定期的に作り直す必要があります。

眠っている時にすることがほとんどなので、根本的に歯ぎしりを治すことは難しいですが、原因を突き止めて対処すれば、歯や体にかかる負担を最小限に抑えることができます。
長期的に続く歯ぎしりは、歯を失うリスクを高め顎関節にも影響を与えます。
ストレスを解消するための歯ぎしりも、程度によっては注意が必要になるのです。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト