抜歯のタイミングと義歯のいろいろ | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

抜歯のタイミングと義歯のいろいろ

「う~ん、これは抜かないといけませんねぇ…」

歯科医からこのように言われて、ショックを受けたことがありませんか?
治療して被せた歯は、何年か経つと何かの拍子に取れてしまったり、どうしてもまた虫歯になりやすいものです。
そして、治療を何度も繰り返すうちに、抜いてしまった方がいいという状態になってしまうことがあります。
大切な、かけがえのない歯ですから、「できれば残したい」という気持ちは十分わかります。
でも、ここで考えてもらいたいのです。
そもそも、歯を抜かなければならないのはどういうときなのでしょうか。
まず、虫歯が根の部分まで進んで炎症が激しいときや、歯や根が割れてしまったり感染症の病巣がある場合は抜かなければなりません。
あるいは親知らずが他の歯に影響を及ぼす場合も抜歯するケースです。
抜いた後、そのまま放っておくと、噛み合わせや歯並びに悪影響が出てきてしまいます。
虫歯になったり歯周病が起きやすくもなります。
ほかの人と話すときに空気が漏れて、話すこと自体が億劫になり、コンプレックスを感じることもあります。
ブリッジや入れ歯の技術もどんどん進歩しています。
ブリッジの特長も活かしながら取り外しができる入れ歯とか、磁石などで固定するアタッチメント義歯のようなものも出てきました。
どんな義歯でも清潔が一番。毎日のお手入れと定期健診は忘れずにいたいものです。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト