妊娠中のマウスケア | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

妊娠中のマウスケア

妊娠・出産すると食べ物の好みや、お肌の調子、髪質など人によって様々な体質変化が起こりますが、お口の環境も変化してしまうのはご存知でしょうか?
妊娠中のお口の病気はご自分の体だけでなく、おなかにいる赤ちゃんにまで影響してしまいます。
大切な時期をお母さんも赤ちゃんも健康に過ごせるように心掛けましょう。


◆妊娠中のお口のリスク

よく「妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを摂られて、歯がぼろぼろになる」といわれていますが、この話はウソです。
何故こんな迷信ができたのでしょうか?それは妊娠すると様々な原因からお口の健康が損なわれてしまうところから来たのではないでしょうか。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンの分泌が増えます。歯周病菌の中には女性ホルモンを栄養とする菌もおり、女性ホルモンが増加すると共に歯周病菌も繁殖します。
このため妊娠中の口腔内環境が悪化し、歯肉が腫れたり出血するなど妊娠性歯周炎が起こりやすくなります。その他にも様々な原因があります。

・唾液の分泌量が減り、成分も酸性に近くなりお口の免疫が低下。
・味覚が変わって甘いものが好きになった。
・つわりが酷くて歯ブラシが使えず、マウスケアが疎かになった。
・一度に沢山食べられず、何度も食事をするので虫歯になりやすい。


◆つわりがひどい時のマウスケア

・歯磨き粉なしで磨く
歯を磨くよりも歯磨き粉の味がダメという妊婦さんが多いようです。
ブラッシングだけ でも十分効果がありますので、歯磨き粉をつけずに磨いてみましょう。

・歯ブラシを小さいものに変える
歯ブラシが舌などに当たると吐き気を催してしまうので、ヘッドの小さいものに変えてみましょう。
それでもダメな時はデンタルフロスや歯間ブラシで歯垢を除去する方法もあります。

・こまめにうがいを
食べたあとはこまめにデンタルリンスやお水でうがいをするのも効果的です。


◆ママと赤ちゃんの歯の関係

妊娠7週目には赤ちゃんに歯の芽ができ始めます。赤ちゃんの歯を健康に育てるためには、お母さんのバランスの良い栄養摂取が不可欠です。
特に歯を作るのに必要なカルシウム、たんぱく質、リン、ビタミンA・C・Dなどを積極的に摂取しましょう。
バランスの良い食事は歯の健康だけでなく、妊娠中に荒れやすいお肌や髪の健康も守ります。

また、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。
虫歯菌をもっていない赤ちゃんがどうして虫歯になるのでしょうか?
虫歯菌は唾液を介して感染します。つまり離乳食が熱くないかの味見や、赤ちゃんへのキスで感染してしまうのです。

しかし、自分の可愛い子供には思わずキスしたくなってしまいますし、赤ちゃんのなんでも口に入れる癖を全て止めるのは難しいですよね。
ですので、赤ちゃんの周りの人が口腔内環境に配慮し、虫歯菌を減らすことが大切です。産後はキシリトールガムを噛んだり、病院などで赤ちゃんの歯にフッ素を塗ってもらうなどの工夫をしましょう。


◆妊娠中の歯科治療

・原則的に治療を受けてはいけない時期はありません。
・歯科医院に行く時は母子手帳を持参し、なければ妊娠していることをしっかりと歯科医師に伝えましょう。
・顔周りのレントゲン撮影の影響はほとんどありませんが、撮影時にはプロテクターを使用します。
・おなかが大きくなってくるとうっ血しやすいので、椅子に座るときも楽な姿勢で治療を受けましょう。
・普通の虫歯治療なら問題ありませんが、麻酔の使用や外科的処置、薬の服用はやむを得ない場合にのみ行います。薬をもらったら、必ず産婦人科の担当の先生にも伝えておきましょう。
・妊娠中は何かと精神的にも不安定ですので、治療内容をよく理解し、納得した上で治療を受けましょう。
・妊娠中の歯科治療も大切ですが、虫歯の治療などは妊娠する前に済ませておくようにしましょう。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト