ドライマウス | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

ドライマウス

近年、ドライマウスの患者さんが増えています。
日本国内だけでも、何らかのドライマウスの症状を持つ人が、800万人にのぼると言われています。
その原因と症状は様々で、原因によっては生活習慣の改善で症状が治まるものもあります。

◆ドライマウスって何?

ドライマウスは正式名を口腔乾燥症といい、何らかの理由で唾液の分泌量が減少し、常に口の中が乾燥した状態を指します。
洗浄・殺菌作用を持つ唾液量が少ない状態が続くと、乾燥による不快感だけでなく、様々な症状が現れることがあります。


◆ドライマウスの症状

●口・舌・のどが渇く
●口の中が痛い
●口の中がネバネバする
●口の端が荒れる・切れる
●舌や唇がひび割れる
●食事がしにくい・味がおかしい
●口臭がある
●目や皮膚が乾燥する
●長時間の会話が困難

他にも、むし歯になりやすくなったり口の中が出血することもあり、日常生活に不便を感じることが多くなります。
上の項目で当てはまるものがあれば、ドライマウスの可能性があります。
多数の症状をお持ちであれば、診察を受けることをおすすめします。


◆ドライマウスの原因は?

ドライマウスの原因をつきとめて、原因に応じた対処をすることが大切です。
病気が原因で唾液の分泌量が減少しているなど、生活習慣の改善だけでは症状が治まらないと判断される場合は、内服薬や人口唾液などの処方が必要な場合もありますので、専門医の指示に従いましょう。


★ストレス・緊張

ストレス・緊張によって交感神経が刺激されると、だ液の分泌が抑制されて口の中の乾きを感じます。


★薬の副作用

抗鬱剤・降圧剤・鎮痛剤などの薬の副作用で、だ液の分泌量が減少することがあります。


★病気

糖尿病・シェーグレン症候群・浮腫・脱水症などの病気や、放射線などの病気の治療の影響で、だ液の分泌量が減少することがあります。


★食生活

ファーストフードや麺類など、やわらかい物ばかり食べていると咀嚼回数が減り、だ液の分泌量が減少する原因になります。


★口呼吸

鼻の病気が原因で口呼吸をしていたり口で呼吸をする癖を持っていると、だ液が蒸発し、口の中が乾燥する原因になります。


★加齢

年齢に伴い口や顎の筋力が低下し、だ液の分泌量が減少します。


◆ドライマウスの症状の改善

●病気が原因の場合は治療を。
●こまめに水分補給をする。
●バランスのとれた食生活を心がけ、よく噛んで食事をする。
●ガムを噛んだり、ウメ・レモンなどでだ液腺を刺激する。
●十分な睡眠と適度な運動で、ストレスをためない生活を心がける。
●口の乾きを感じたら、唾液腺のマッサージをする。
●室内が乾燥しないよう、湿度に注意する。
●鼻呼吸で、唾液の蒸発を防ぐ。
●保湿スプレーやジェルを利用して口腔内の乾燥を防ぐ。

薬や病気の治療が原因と考えられる場合は、医師に相談の上、薬の種類や治療内容を検討してもらいましょう。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト