キシリトール | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

キシリトール

むし歯予防にキシリトールというのは今や常識になりつつありますが、キシリトールがなぜ良いのか、どんな効果があるのかご存知でしょうか?
キシリトールは正しく使用すれば、高いむし歯予防効果が得られる優れもの。むし歯リスクの高い(口中の細菌数が多い、唾液量が少ない)人には特におすすめです。
キシリトールを効果的に生活にとりいれて、むし歯のない健康な口元を目指しましょう!


◆キシリトールって何?

キシリトールは、白樺や樫、とうもろこし、イチゴ、ほうれん草などに含まれる天然素材の甘味料で、砂糖と同程度の甘さを持ち、カロリーは砂糖より25%オフ。溶ける時に熱を吸収するので、口の中で清涼感が得られるのも特徴のひとつです。

白樺や樫などの樹木から取れるキシランを還元して製造され、日本では食品添加物として認められたのは1997年からですが、それ以前から点滴の輸液として使用され、その安全性はWHO(世界保健機構)からも認められています。


◆キシリトールとむし歯予防

キシリトールは砂糖とは違ってむし歯菌のえさとならない糖アルコールの一種です。
糖アルコールは麦芽糖やブドウ糖などの糖類を還元することで作られ、次のような特徴があります。

・むし歯の原因となる酸を作らない
・消化吸収されにくいので、砂糖よりカロリーが低い
・急激に血糖値を上昇させないので、糖尿病の人にも安全

キシリトールの持つむし歯予防効果
・ミュータンス菌の活動を弱くする
・唾液の分泌を促進する
・酸を中和する
・プラークの量を減少させる
・歯の脱灰(歯が溶ける)を防ぐ
・歯の再石灰化を促進する


◆むし歯予防効果を高める

キシリトール入りの食品を摂るだけで、むし歯予防の効果が得られると思っていませんか?
ただ単に“キシリトールが口の中に入る”ということだけでは、むし歯予防効果はあまり期待できません。
まず、キシリトールは口の中の汚れを落としてくれるわけではないので、当然歯磨きが必要ですし、砂糖のどっさり入った食品を頻繁に食べていたのではむし歯になるのは当然のこと。
キシリトールは、歯磨きをきちんとして食生活にも気を配り、その上で使用する補助的なものであるという認識が必要です。

また、キシリトールが入ってさえいれば、どんな食品であっても効果があるというわけではありません。
キシリトールの他に砂糖などのむし歯の原因となる糖類が使用されていない食品であることも大切ですし、キシリトールが含まれた食品がある程度の時間口の中に留まっていることも重要なポイントです。
更に、キシリトール濃度が50%以上でなければ、あまり効果は期待できないので、購入時にも注意が必要です。


◆キシリトール食品の選び方

キシリトールは値段が高いことから、甘味料をすべてキシリトールにすると商品自体が高価なものになってしまいます。
そのため、ほとんどの商品ではキシリトールの他にマルチトールやソルビトールなどの甘味料も使用されています。
キシリトールは濃度が高いほどむし歯予防に効果があるとされており、歯科医院で販売されている
キシリトールガムやタブレットはキシリトール濃度100%のものです。

市販ものを買う場合は、キシリトールの含有量が50%以上であること、原材料に「水あめ」「砂糖」などの表記がないことを忘れずにチェックしましょう。
とはいえ、店頭でキシリトールの含有量や原材料の細かい文字をチェックするのは、手間もかかりなかなかできません。
そういう場合は、厚生労働省が認可した特定保健用食品のマークがあるものを探すと良いでしょう。
また、キシリトールというとガムが一般的ですが、ガムの噛めない小さなお子さんに与える場合はキシリトールタブレットがおすすめです。


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト