インプラント2回法 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

インプラント 2回法

インプラント 2回法


2回法手術では、外科手術は2回行います。
1回目の手術では、歯肉を切開してインプラントを顎の骨に埋入します。
その後、インプラントに蓋をして、歯茎からインプラント・蓋が出ないように歯茎を縫合します。
これで、1回目の手術は終了です。

手術修了後、安静にしてインプラントと骨が結合するまで期間をおきます。(3ヶ月~6ヶ月ほど)
骨量が足りない等で骨造成手術を行った時には6ヶ月くらい、しっかりと治癒期間をおきます。

この期間の後に、2回目の手術を行います。

2回目は、歯肉を切開しインプラントを露出させて蓋を取り外します。
アパットメント(インプラントと人工歯を固定するための支台)を取り付けます。
アパットメントの上部が歯茎の上に露出している状態で、2回目の手術は終了です。
次に、人工歯を取り付けます。
以上で、終了です。
インプラント2回法

2回法のメリット、デメリット


*メリット
・ 顎の骨が痩せている方・全身疾患をお持ちの方など、どのような場合にも対応可能
・ 歯茎を縫合してインプラントと骨が結合する期間があるので、感染症を発症の可能性が低い
・ 着脱式の総入れ歯を人工歯として使用可能

*デメリット
・ 外科手術が2回のため、患者様の体の負担が大きい
・ 部品が多く、外科手術が2回のため、費用が高くなる
・ 工程が複雑で、治療期間が長くなる


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト