インプラント1回法 | 江東区森下 菊川駅、清澄白河駅近く、痛みをおさえた治療の歯医者しぶかわ歯科クリニック
   

インプラント 1回法

インプラント 1回法


1回法手術では、その名の通り外科手術は1回で終わります。
手術でインプラントを埋め込む際に、その一部を露出しておきます。
その後、インプラントと骨が結合するまで期間をおきます。(3ヶ月~6ヶ月ほど)
次に、アパットメント(インプラントと人工歯を固定するための支台)を取り付けて人工の歯を取り付けます。
歯茎を切開する手術が1回で終わることが、一番のメリットです。

インプラント1回法の種類は、2通りあります。
 ・ アパットメントを装着して人工歯を取り付ける2ピース型のインプラント。
 ・ アパットメントを装着しないでインプラント本体に直接に人工歯を装着する1ピース型のインプラント。

1回法の特徴

 ・ 外科手術が1回。
 ・ 歯茎の切開が1回で、患者様の体への負担が軽い。
 ・ 完了するまでの工程がシンプルで、比較的に費用が安い。
 ・ 十分な骨があることが必要。
 ・ 骨の高さ・厚さが足りない等、骨再生法を併用する場合に、若干2回法より感染のリスクが高い
インプラント1回法

治療の流れ(2ピース型・遅延負荷)

1.インプラント(人工歯根)の埋入手術
 ① 麻酔をして歯肉を切開、歯槽骨にドリルで埋め込むインプラントと同じ太さ・長さの穴を開ける
 ② インプラントを埋め込む(ヘッド部は露出しておく)
 ③ インプラントのヘッド部に人工歯の土台となるアパットメントを接続して、アパットメントが露出した状態にして手術は終了

2.埋め込んだインプラントが骨と、しっかり結合するまで期間をおく(3~6ヶ月ほど)

3.人工歯の取り付け
   インプラントと骨の結合を確認したあと、人工歯を取り付ける

1回法のメリット、デメリット


*メリット
・ 患者様の体への負担が軽い
・ 清掃性が高い
・ 患者様自らが着脱可能な人工歯を作成出来る

*デメリット
・ 審美性を求める場合には、2回法の方が人工歯を作成しやすい
・ 着脱可能な場合、詰め物の磨耗や脱離の可能性がある


美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる。皆様のお口の健康と笑顔を守ります。



歯周病、予防歯科専用サイト   求人専用サイト